メインメニューを開く
橋梁外観
国道2号標識

淀川大橋(よどがわおおはし)は、大阪府大阪市福島区海老江と西淀川区姫里を結ぶ淀川に架かる国道2号。阪神間の主要道路の橋であるため交通量は多い。歩行者専用の道路もある。浪速の名橋50選に選定されている。淀川陸閘が左右岸にある。この橋の下(地下)にJR東西線が通っている。

目次

概要編集

 
国道2号淀川大橋南詰(福島区側から撮影。左に淀川陸閘が見える)
  • 形式 鋼トラス他
  • 橋長 724.0m
  • 幅員 20.1m
  • 完成 大正15年(1926年

歴史編集

新淀川が開削される前は、付近を中津川が流れており、左岸の西成郡海老江村新家(のちの花川町)と右岸の同郡野里村とを隔てていた。江戸時代から大坂と尼崎とを最短距離で結んだ梅田街道が通っており、「野里の渡し」があった。野里の渡しは、磐之媛命が御綱葉を海へ投げ捨てた「柏の渡し」にあたるとも言われ、現在の西淀川区柏里の町名の由来にもなっている。

明治9年(1876年)に檞野橋(かしわのはし)が架橋された。私設の有料橋だったが、新淀川の開削に伴って廃止となり、明治41年(1908年)に西成大橋が架橋された。西成大橋は幅員が18(約5.5m)しかなかったため、阪神国道敷設に伴って新橋に架け替えられることになり、大正15年(1926年)に淀川大橋が架橋された。

平成29年(2017年)8月より、老朽化のための大規模修繕工事を実施しており、2年半後の令和2年(2020年)2月に竣工の予定である。

平成30年(2018年)9月、平成30年台風第21号が関西地方に上陸した際は、防潮鉄扉の閉鎖が実施された。

周辺情報編集

位置情報編集

  • 淀川河口より4.8km

アクセス編集

地図編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度42分08秒 東経135度27分59秒 / 北緯34.702318度 東経135.466307度 / 34.702318; 135.466307