メインメニューを開く

深田 康算(ふかだ やすかず、1878年明治11年)10月19日 - 1928年昭和3年)11月12日)は、日本の美学者京都帝国大学教授山形県生まれ。父は旧会津藩士深田康守で、その長男[1]大塚保治とともに日本における美学研究の先駆者となる[2]中井正一は門下生で、深田の死後その全集の編纂を行った[3]

深田 康算
Fukada Yasukazu.jpg
ライプツィヒにて撮影
生誕 1878年10月19日
山形県
死没 (1928-11-12) 1928年11月12日(50歳没)
京都府
出身校 東京帝国大学文科大学
職業 京都帝国大学教授
配偶者 斎藤あさ[1]

目次

略歴編集

画像外部リンク
  忠愛之友倶楽部東京支部 中列左から三番目が深田、前列右端吉野作造
東北大学関係写真データーベース 1902年5月撮影

著書編集

  • 『深田康算全集』( 第1-4巻) 岩波書店 、1930-31(玉川大学出版部より再刊)
  • 美しき魂』 弘文堂書房 、1948 (アテネ文庫)
  • 芸術に就いて』 岩波書店 、1948
  • 『ロダン』 弘文堂、 1949 (アテネ文庫)
  • 『美と芸術の理論』 白凰社 1971

翻訳編集

  • ケーベル博士小品集 久保勉共訳 岩波書店 1919

出典編集

  1. ^ a b 『人事興信録』「深田康算」
  2. ^ a b 「深田先生の思い出」
  3. ^ 松岡正剛. “松岡正剛の千夜千冊 中井正一 美学入門”. 2014年7月22日閲覧。
  4. ^ 『第二高等学校一覧 自大正11年至12年』186頁
  5. ^ 『学位大系博士録』(昭和14年版、発展社出版部)
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)24頁

参考文献編集

  • 『人事興信録』(第8版)、1928年
  • 吉岡健二郎「深田美学の特色」(『深田康算全集』(玉川大学出版部)第一巻月報)- 吉岡は京都大学教授
  • 草薙正夫「深田先生の思い出」(同上)

関連項目編集

外部リンク編集