ラファエル・フォン・ケーベル

ラファエル・フォン・ケーベルドイツ語: Raphael von Koeber, 1848年1月15日 - 1923年6月14日)は、ロシア出身(ドイツ系ロシア人)の哲学者音楽家。明治政府のお雇い外国人として東京帝国大学哲学西洋古典学を講じた。ロシア語名ラファエリ・グスタヴォヴィチ・フォン・キョーベルРафаэ́ль Густа́вович фон Кёбер)。

ラファエル・フォン・ケーベル
Raphael von Koeber
晩年の肖像
生誕 (1848-01-15) 1848年1月15日[1]
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ニジニ・ノヴゴロド
死没 (1923-06-14) 1923年6月14日(75歳没)[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国神奈川県横浜市
地域 西洋哲学
出身校 モスクワ音楽院
イェーナ大学
ハイデルベルク大学
研究分野 哲学西洋古典学
テンプレートを表示
ラファエル・フォン・ケーベル

生涯編集

枢密顧問官であったドイツ人の父グスタフ・ケーベルとロシア人の母のもとニジニ・ノヴゴロドに生まれる。ケーベル家はザクセンの一族で、父祖は皆ザクセンかクールラントに生まれている。曾祖父(母方の祖母の父)カール・レービンダーはレバル(現在のタリン)出身でニジニ・ノヴゴロドのドイツ新教教団の一員となり当地にドイツ教会を建設した。曾祖母(母方の祖母の母)はキールのゼールホルスト (Seelhorst) 家の出身。母方の祖父はスウェーデン系ロシア人である[2]。6歳より母方の祖母にピアノを学び1867年モスクワ音楽院へ入学、ピョートル・チャイコフスキーニコライ・ルビンシテインカール・クリントヴォルトに師事し1872年に卒業した。しかし内気さ故に演奏家の道を断念し、音楽院ピアノ科同級の親友ミハイル・ダヴィドフロシア語版[3]とともに1873年からドイツイェーナ大学博物学を学んだ。エルンスト・ヘッケルの講義を熱心に聞いたが、のち哲学に転じ、ルドルフ・クリストフ・オイケンカール・フォルトラーゲ英語版オットー・プフライデラー英語版フリッツ・シュルツェ英語版らに師事。クーノ・フィッシャーに学ぶためにハイデルベルク大学に移り、1881年アルトゥル・ショーペンハウアーに関する論文により博士号を得た後、ベルリン大学、ハイデルベルク大学、ミュンヘン大学で音楽史と音楽美学を講じた[4][5]

その後、友人のエドゥアルト・フォン・ハルトマンの勧めに従って日本へ渡り、1893年明治26年)6月11日に神戸に到着した[6]。同年から1914年大正3年)まで21年間東京帝国大学に在職し、イマヌエル・カントなどのドイツ哲学を中心に、哲学史ギリシア哲学など西洋古典学も教えた。美学美術史も、ケーベルが初めて講義を行った。

学生たちからは「ケーベル先生」と呼ばれ敬愛された。夏目漱石も講義を受けており、晩年に随筆『ケーベル先生』を著している。他に教え子は安倍能成岩波茂雄阿部次郎小山鞆絵九鬼周造和辻哲郎深田康算大西克礼波多野精一田中秀央など多数おり、大半が『思想 -ケーベル先生追悼号-』(岩波書店、1923年8月)[7]に寄稿している。和辻は後年『ケーベル先生』(岩波版「全集」第6巻に収録)を出版した。

東京音楽学校(現・東京藝術大学)ではピアノも教えていた。1901年(明治34年)の日本女子大学校(現・日本女子大学)開校式のための「日本女子大学校開校式祝歌」はケーベル作曲という。1903年、日本におけるオペラ初演(クリストフ・ヴィリバルト・グルック作曲「オルフォイス(オルフェオとエウリディーチェ)」の上演)の際、指揮を担当したノエル・ペリフランス語版とともに学生を指導し、ピアノ伴奏を行った(学生の自主公演だったためオーケストラは使えず)。この際に訳詩を担当したのが教え子の一人である石倉小三郎その他のチーム、背景その他のデザインを担当したのが東京美術学校教授の和田英作であり、上演資金を農学者・実業家の渡部朔が提供、弟で音楽学校学生の渡部康三、柴田環(エウリディーチェ役、後の三浦環)、鈴木乃婦外山国彦東儀哲三郎山本正夫などが出演した[8][9]。同時に瀧廉太郎のピアノ演奏に深い影響を与え、瀧のドイツ留学時には自らライプツィヒ音楽院あての推薦状を書いている。また幸田延の才能を評価し、欧米留学を薦めた。なお、夏目漱石幸田延がケーベル邸を訪問した時の昼食レシピから、現在も続く松栄亭(神田淡路町)に「洋風かき揚げ」が生まれたというエピソードがある。幸田延[10]と瀧廉太郎[11]のほか、ピアノの教え子に橘糸重[12]神戸絢[13]本居長世[14]などがいる。

室内楽奏者としては、当初、ルドルフ・ディットリヒのヴァイオリンとの合奏が最高水準と言われたが、ディットリヒの帰国後、1899(明治31)年に、横浜でアウグスト・ユンケルのヴァイオリンを聴いて彼を東京音楽学校に推挙する。ユンケルはベルリン・フィルシカゴ交響楽団の要職を歴任するも、風来坊的な性格から長続きせず、日本で役不足の仕事をしていたが、ケーベルに認められて日本楽壇を指導し、太平洋戦争中に生涯を終えるまで日本に永住した。ケーベルとユンケルの合奏も当時の日本で最先端の音楽であった。

1904年(明治37年)の日露戦争開戦の折にはロシアへの帰国を拒否したが[15]1914年になって退職し、ミュンヘンに戻る計画を立てていた。しかし1914年8月12日横浜から船に乗り込む直前に第一次世界大戦が勃発し、帰国の機会を逸した。その後は1923年(大正12年)に死去するまで友人のロシア総領事アルトゥール・ヴィーリムロシア語版の横浜の官邸の一室に暮らした[16]。墓地は雑司ヶ谷霊園にあるが[17]ロシア正教からカトリックに改宗して[18]生涯を終えた。

著作編集

『神学及中古哲学研究の必要』など、哲学・美学・音楽分野など専門的なものもあるが、随筆集が最も知られている[19]。晩年、『思潮』などの雑誌に発表し、"Kleine Schriften"(小品集)として大正末期に、深田康算[20]と直弟子久保勉により日本語訳され、『ケーベル博士小品集』、『ケーベル博士続小品集』、『ケーベル博士続々小品集』(岩波書店)が出版された。晩年の有島武郎が書評を書いている。

1918年に、岩波で出された原文の抜粋『Kleine Schriften: philosophische Phantasien, Erinnerungen, Ketzereien, Paradoxien』は、旧制高校・大学でのドイツ語教科書としても多く使われた。

久保勉編訳『ケーベル博士随筆集』(岩波文庫)は、『ケーベル博士小品集』からの再録を軸に、スピーチや書簡など若干の新しい内容を加えたものである。文庫創刊間もない1928年(改版1957年)に刊行し、今日まで重版され続けている。

久保は回想記『ケーベル先生とともに』(岩波書店、1951年、復刊1994年)を著した。

作曲編集

歌曲編集

脚注編集

  1. ^ a b コトバンク. ケーベル.
  2. ^ ケーベル 1928, pp. 24-26.
  3. ^ ミハイル・ダヴィドフは後に動物学者となり、ヴィルフランシュ動物学実験所ロシア語版所長を務めた。
  4. ^ 和辻 1962, pp. 6-14.
  5. ^ 瀧井 2018, pp. 212–213.
  6. ^ 和辻 1962, p. 14.
  7. ^ 寺田寅彦西田幾太郎西晋一郎市河三喜高橋里美出隆なども寄稿している。
  8. ^ 瀧井 2018, pp. 219–221.
  9. ^ 「(昭和3年9月「音楽時代」第1巻第4号)我国最初の歌劇 楽界の今昔(2) 沢田柳吉」『日本の洋楽百年史』秋山龍英 編、第一法規出版、1966年、428-429頁。
  10. ^ 幸田 延”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月5日閲覧。
  11. ^ 滝 廉太郎”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月5日閲覧。
  12. ^ 橘 糸重”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月5日閲覧。
  13. ^ 神戸絢”. コトバンク. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2020年1月5日閲覧。
  14. ^ 本居 長世”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月5日閲覧。
  15. ^ 和辻 1962, p. 24.
  16. ^ 和辻 1962, pp. 35-36.
  17. ^ 和辻 1962, p. 7.
  18. ^ 和辻 1962, p. 23.
  19. ^ 『神学及中古哲学研究の必要』、ラファエル・フォン・ケーベル、1910年。教学研鑽和仏協会。NDLJP:752816
  20. ^ 漱石や寺田寅彦(吉村冬彦)も、ケーベル邸に行くと常に深田がいたと回想している。
  21. ^ Neun Lieder”. CiNii 図書. 2020年1月5日閲覧。
  22. ^ Raphael von Koeber (1848 - 1923)”. The LiederNet Archive. 2020年1月6日閲覧。

参考文献編集

  • ケーベル, ラファエル・フォン「2. 最も住みたき国。私の祖国。私の理想とする生活。私の最も好む人間。」『ケーベル博士随筆集』254-255、久保勉 訳編、岩波書店岩波文庫〉、1928年、改訂版、23-29頁。
  • 和辻哲郎『ケーベル先生』16、弘文堂〈アテネ文庫〉、1948年。
  • 和辻哲郎「ケーベル先生」『和辻哲郎全集』6、岩波書店、1962年、1-39頁。ISBN 9784000914468
  • 瀧井敬子「第7章 ケーベル先生との音楽談義」『夏目漱石とクラシック音楽毎日新聞出版、2018年、212-223頁。ISBN 978-4-6203-2498-2
  • ケーベル”. コトバンク. 2020年1月5日閲覧。

外部リンク編集