メインメニューを開く
1953年

清宮 四郎(きよみや しろう、1898年5月23日 - 1989年10月22日)は、日本憲法学者東北大学名誉教授従三位勲二等旭日重光章美濃部達吉門下。宮沢俊義とともに戦後の憲法学界をリードした。日本学士院会員。

目次

来歴編集

著作編集

  • 『憲法改正作用』有斐閣 1938
  • 『外地法序説』有斐閣 1944
  • 『新憲法と財政』国立書院 1948 新憲法大系
  • 『権力分立制の研究』(有斐閣、1950年)
  • 『憲法要論』法文社 1952
  • 『憲法改正の理論と実際』通信教育振興会 1954
  • 『憲法の理論』(有斐閣、1968年)
  • 『国家作用の理論』(有斐閣、1969年)

共編著編集

  • 『憲法』1-2 宮沢俊義共著(有斐閣法律学全集、1957-59年)
  • 『憲法』編 青林書院 1959 新法律学演習講座
  • 『憲法演習』正続 佐藤功共編 有斐閣 1959-67 
  • 『憲法事典』編 青林書院 1959
  • 『憲法講座』全4巻 佐藤功共編 有斐閣 1963-64
  • 『憲法・行政法小事典』柳瀬良幹共編著 有信堂 1964 法律小事典シリーズ 

訳書編集

記念論集編集

  • 『憲法の諸問題 清宮四郎博士退職記念』有斐閣、1963年。