溝口露頭(みぞくちろとう[1]、みぞぐちろとう[2])は、長野県伊那市長谷溝口、美和湖畔にある中央構造線露頭南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク内。

溝口露頭

特徴編集

 
溝口露頭近景

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク内にある中央構造線の露頭は、西側に低圧高温型変成作用を受けた領家帯[3]側にジュラ紀付加体が高圧低温変成作用を受けた三波川帯が接触している[4]。溝口露頭でも大まかな構造は同じであるが、境界部分に珪長質岩脈が貫入していることが特徴。この貫入年代は1230-1560万年前と分析されている[5]

位置編集

長野県伊那市長谷溝口、美和湖東岸の国道152号から少し入ったところ。露頭周辺は中央構造線公園として整備されており、露頭の観察に適した歩道が設置されている[1][6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 溝口露頭”. 国土交通省天竜川上流河川事務所 (2014年). 2016年5月18日閲覧。
  2. ^ 人と暮らしの伊那谷遺産 選定リスト”. 国土交通省天竜川上流河川事務所 (2014年). 2016年5月18日閲覧。
  3. ^ 『日本地方地質誌 4 中部地方』p.230
  4. ^ 『日本地方地質誌 4 中部地方』p.242
  5. ^ 『日本地方地質誌 4 中部地方』p.431
  6. ^ 『日本の地質構造100選』p.17

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度47分29.5秒 東経138度4分56.7秒 / 北緯35.791528度 東経138.082417度 / 35.791528; 138.082417