メインメニューを開く

滝井 義高(たきい よしたか、1915年2月25日 - 2005年12月19日)は、日本政治家医師日本社会党衆議院議員福岡県田川市長を務めた。

経歴編集

  • 福岡県出身。東京慈恵会医科大学を卒業し、病院を開業する。
  • 1947年(昭和22年)田川市議会議員選挙に立候補し当選する。
  • 1951年(昭和26年)福岡県議会議員選挙に立候補し当選する。日本社会党発足に参加するとともに、地元の筑豊炭田などの炭鉱労組の社会労働問題に精通する。
  • 1953年(昭和28年)第26回衆議院議員総選挙に社会党から立候補し当選する。当選回数5回。社会党では、国会対策副委員長、選挙対策委員長などを務め、社会政策労働政策の論客として活躍した。
  • 1979年(昭和54年)田川市長選挙に社会党推薦で立候補し当選。連続6回当選し、市長としては全国最高齢ということで知られていた。「滝井党」と呼ばれるほど保守・革新問わず根強い支持があったが2003年(平成15年)引退する。
  • 一貫して社会党、社民党に所属していた。
  • 2005年(平成17年)12月19日、脳梗塞のため死去した。享年90。