滝川 杏奴(たきがわ あんぬ、本名非公開)は日本の官能小説家エッセイスト

略歴編集

神奈川県横浜市生まれ。作家の早乙女勝元は叔父。早乙女朋子名義で子役として、フジテレビの連続ドラマ「ふしぎ犬トントン」準主役などを務める。[1]

日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、にっかつ(現・日活)に入社。ロマンポルノ最後の宣伝ウーマンとなる。退社後はフリーとして、伊丹十三作品などの製作宣伝を手掛ける。[2]

早乙女朋子のペンネームで執筆した「バーバーの肖像」で、1995年に第8回小説すばる新人賞集英社)を受賞。[3]集英社から単行本「バーバーの肖像」「子役白書」を出版した。[4]

2017年官能小説誌「特選小説」(辰巳出版)に発表した「天使が濡れるまで」で官能作家デビュー。

日刊スポーツ新聞の連載小説「悦楽クリニック・凜子」(「悦楽クリニック!」に改題)は佐々木浩久監督によって映画化され、「性感治療 股ぐらの処方箋」[5]のタイトルで2019年7月に公開[6]。2019年8月には、R-18からR-15用に編集された「劇場版・悦楽クリニック! 凛子の淫らな冒険」として劇場公開[7]。同作は「OP PICTURES+フェス2019」[8]の上映作品に選出された。

2018年12月、早稲田大演劇博物館の公開研究会「プレスシートから読み解く日活ロマンポルノ」で講師を務めた。[9]2019年11月には文教大の公開研究会「サブカルチャーとしての日本映画〜すべてはエロスから始まった」で講師を務めた。

ピンク映画ベストテン2019桃熊賞の審査員を務めた。[10]

2020年10月、官能作家としての初の書き下ろし作品「ふたつの月に濡れる」(紅文庫)を出版。

日本文芸家クラブ会員。

主な作品編集

  • 『バーバーの肖像』集英社、1996年。ISBN 408774177X
  • 『子役白書』集英社、1997年。ISBN 4087752208
  • 『天使が濡れるまで』特選小説、2017年。
  • 『純情探偵物語』特選小説、2018年。
  • 『純情探偵物語〜大阪の売春組織を打ち破れ〜』同、2018年。
  • 『最終バスの女』同、2019年。
  • 『悦楽クリニック!』Aubebooks(電子書籍)、2019年。
  • 『純情探偵物語〜天才盗撮犯を追え〜』特選小説、2019年。
  • 『純情探偵物語〜謎の千手観音〜』特選小説、2020年。
  • 『ふたつの月に濡れる』ジーウォーク紅文庫、2020年。ISBN 978-4-86717-098-4
  • 『マイ・チアガール』特選小説、2020年。

主な連載編集

  • 「雌しべの眺め」(日刊スポーツ、2018年)
  • 「ロマンポルノに恋して」(同、2018年)
  • 「悦楽クリニック・凜子」(同、2019年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ふしぎ犬トントン作品データ”. www.tcp-ip.or.jp. 2019年4月1日閲覧。
  2. ^ 資料室 |東宝WEB SITE”. www.toho.co.jp. 2019年3月31日閲覧。
  3. ^ 集英社 出版四賞”. www.shueisha.co.jp. 2019年4月1日閲覧。
  4. ^ 子役白書』(日本語)。
  5. ^ PG-Web-Site”. 2019年7月25日閲覧。
  6. ^ “「悦楽クリニック・凜子」映画化決定”. 日刊スポーツ新聞. (2019年2月28日) 
  7. ^ 劇場版・悦楽クリニック! 凛子の淫らな冒険 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年8月12日閲覧。
  8. ^ OP PICTURES+公式サイト”. OP PICTURES+公式サイト. 2019年11月6日閲覧。
  9. ^ 早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点 | Collaborative Research Center for Theatre and Film Arts”. www.waseda.jp. 2019年11月6日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “ピンク映画ベストテンで谷口恒平の「悶絶劇場」が2冠!佐倉絆と櫻井拓也が主演賞(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年4月16日閲覧。

外部リンク編集

滝川杏奴-Twitter

滝川杏奴-公式ホームページ