メインメニューを開く

演歌・唱太郎の人情事件日誌(えんか・しょうたろうのにんじょうじけんにっし)は、TBS系列の月曜ドラマスペシャルで放送されたシリーズ。1996年から1997年まで3作品が制作・放送されている。また、最後に放送された3作目は、ゲスト出演した河内桃子の遺作ともなっている。製作はTBS、アスプロデュース(第1作)→ネクストプロデュース(第2作〜)である。

キャスト編集

土筆プロダクション社員で、あかねのマネージャーで、第1作時点でコンビを組んで約5年である。昔は歌手で大型新人と期待され、「泣くな東京」という曲でデビューするも、期待外れに終わっている。まだ歌いたい気持ちはあるものの、裏方に徹しているために自ら封印している。昔を知る人間には、「唱ちゃん」と呼ばれている。
演歌歌手。代表曲は「舟宿にて」。デビューして15年を過ぎているがヒットに恵まれず、第2作では断念しようとした事も。家族は父の隆一郎(神山繁)がいる。
土筆プロダクション社長。あかねと唱太郎のコンビを暖かく見守っている。部下を「君」と呼ぶことが多い。
ラジオ東洋プロデューサー。「演歌の心」(#1)、「演歌道」(#2)という番組を担当している。北松戸に住み、愛犬「マリアン」がいる。唱太郎からは接待などを受けるも、あかねの出演を便宜するには至っていない。

放送リスト編集

スタッフ編集

  • プロデューサー…内堀雄三(アスプロデュース)、井上由紀(ネクストプロデュース)(#3)、成合由香(TBS)
  • 脚本…深沢正樹(#1-2)、峯尾基三(#3)
  • 音楽…岩間南平
  • 撮影…下元哲(#1-2)、湯本秀広(#3)
  • 照明…柴田信弘(#1)、林広一(#2)、渋谷一男(#3)
  • 録音…中村雅光(#1)、川田保(#2)、相川比登志(#3)
  • VE…飯田敦(#1)、山形充(#2-3)
  • 編集…河原弘志(#1)、田中愼二(#2)、渡辺行夫(#3)
  • 整音…山本逸美
  • 選曲…中田裕章
  • 効果…佐々木英世
  • VTR編集…来栖和成
  • 美術…鈴村高正
  • 装飾…中島順子、佐藤孝之(#1)、松下仁亮(#2)、沢下和好(#3)
  • 小道具…西尾共未(#2)、佐藤孝之(#3)
  • 衣裳…坂下英明(#1、3)、市川竜史(#2、東京衣裳)
  • スタイリスト…吉本麻記子(#1、3)、黒川昌(#2)、加藤悦子(#2-3)
  • メイク…長井桂子、望月愛子(#1)
  • スチール…金刺文三夫
  • 番組宣伝…石川文男(TBS)
  • 助監督…山田敏久(#1)、中嶋竹彦(#2)、大垣一穂(#3)
  • スクリプター…長坂由起子(#1-2)
  • 記録…小宮尚子(#3)
  • 制作担当…杉山隆夫(#2-3)
  • 制作デスク…田中淳子(#2-3)
  • 技術デスク…蟇田忠雄(#2-3)
  • プロデューサー補…栗田眞里(#2)
  • 車輌…アスカロケリース(#2)
  • カースタント…TAKA(#2)
  • 協力…日本クラウンザ・ワークス(#3)
  • ロケ協力
  • 監督…成田裕介(#1-2)、中山史郎(#3)