煤孫伝

煤孫 伝(すすまご つとう[4]/でん、1911年6月16日 - 没年不明)は、岩手県花巻市[1]出身のプロ野球選手。ポジションは一塁手外野手

煤孫 伝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県花巻市[1]
生年月日 1911年6月16日
没年月日 没年不明
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1937年
初出場 1937年5月1日[2]
最終出場 1938年7月17日[3]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

盛岡商業(現・岩手県立盛岡商業高等学校)在学中は、1930年甲子園東北大会決勝で、東北中学を相手に猛打を振るい語り草となった[1](試合自体は敗れ、甲子園出場は成らなかった)。卒業後は、日本大学、仙台鉄道局(現・JR東日本東北硬式野球部)でプレーした。

1937年春、大東京軍に入団。岩手県出身者としては初のプロ野球選手となった[1][4][5]。1937年5月1日名古屋戦(洲崎球場)で一塁手の守備(浅原直人の代役)としてデビュー[2]5月8日金鯱戦(上井草球場)ではプロ初打席初安打をマークし、6月1日の金鯱戦(甲子園球場)では初ホームランを打つなど、前評判通りの打棒を見せ、1937年春季シーズンはレギュラーとして定着した(規定打席にも到達し26位だった)。

しかし、打撃とは裏腹に守備は拙く、1937年5月9日の金鯱戦(上井草球場)では3つの失策を犯し、それらが全て失点に結びついてチームが敗戦した事もあった[6]。1937年春季は36試合出場で5失策、1937年秋季は29試合出場で6失策している。1938年春季シーズン終了後、現役引退した。

プロ野球界きっての珍名として有名であり、煤 孫伝(ばい そんでん)と読まれて、台湾からの帰化選手と間違われた事もあったと伝わる[4]。ちなみに、先祖は北上和賀氏家臣で、煤孫という地名が残っている[4]。また『新プロ野球人国記』(大道文・著)によると、東京都内に「欠端」(かけはた)[7]は13世帯あるが、「煤孫」は3世帯しかないと記されている[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1937 大東京
ライオン
36 119 105 13 26 1 2 1 34 8 6 -- 0 -- 14 -- 0 16 -- .248 .336 .324 .660
1937 29 66 60 5 11 2 0 0 13 5 3 -- 0 -- 6 -- 0 11 -- .183 .258 .217 .475
1938 23 64 57 3 11 2 0 0 13 3 0 -- 0 -- 7 -- 0 6 -- .193 .281 .228 .509
通算:2年 88 249 222 21 48 5 2 1 50 16 9 -- 0 -- 27 -- 0 33 -- .216 .301 .270 .571
  • 大東京軍は、1937年秋にライオン軍に球団名を変更

背番号編集

  • 17 (1937年 - 1938年春)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 大道文・著 『新プロ野球人国記』より出典
  2. ^ a b 職業野球!実況中継(12年春 金鯱vs大東京 3回戦)
  3. ^ 1938年春・ライオンスタメンアーカイブ
  4. ^ a b c d 煤孫伝(ブログ・愛輪塾管理人のドタバタ日記 2011年11月12日記事)
  5. ^ 岩手県の学校卒業者としては、1936年春に東京セネタースに入団した石原繁三千葉県出身。遠野中学卒業)が初めてである。
  6. ^ 職業野球!実況中継(12年春 大東京vs 金鯱 4回戦)
  7. ^ 欠端姓の有名人には、欠端光則(元プロ野球選手。ロッテ大洋・横浜で投手として活躍)、外ヶ濱信行(元大相撲力士。光則の弟。伊勢ノ海部屋所属で最高位は西幕下10枚目だった)、欠端瑛子(女子ゴールボール選手。光則の長女。2012年ロンドンパラリンピック金メダリスト)がいる。

外部リンク編集

関連項目編集