熊本県道339号北外輪山大津線

日本の熊本県の道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
熊本県道339号標識
かぶと岩展望所付近(阿蘇市、大津方面)

熊本県道339号北外輪山大津線(くまもとけんどう339ごう きたがいりんざんおおづせん)は、熊本県阿蘇市から菊池郡大津町に至る県道である。通称ミルクロード」。

目次

概要編集

阿蘇の北西にある外輪山の尾根を巡る路線。東は熊本県道12号天瀬阿蘇線(阿蘇スカイライン)に接続し、西の終点は、道の駅大津にほど近い国道57号と交差する「ミルクロード入口交差点」にある。冬季は積雪及び路面凍結が起こりやすく、タイヤチェーンなどの滑り止めが必要となる他、通行止めになる場合がある[1]。道路は小さなアップダウンを繰り返し、緩やかな高速コーナーが連続する[2]。沿線に観光施設は少ないが、緩やかな起伏の牧草地が遠くまでどこまでも続く日本離れした風景が広がる[2]

路線データ編集

  • 陸上距離:22.0km
  • 起点:熊本県阿蘇市
  • 終点:熊本県菊池郡大津町大字引水

沿革編集

  • 1995年:路線認定。農林水産省が大規模農道都道府県道認定を認めたため、従来の阿蘇北部第II広域農道を県道として認定したもの。なお、「ミルクロード」の呼称は農道当時からあった。
  • 2016年4月16日:未明に熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の熊本地震の本震が発生し、ほぼ並行する国道57号が熊本県南阿蘇村の阿蘇大橋一帯で土砂崩れにより通行止め、県道339号は迂回路となる。

通称編集

ミルクロード
阿蘇の西麓に位置する大津町から北側の外輪山に登り、稜線上を伝ってやまなみハイウェイ方面に至る全長約45 kmの道路の通称[3]。もともと、沿線に点在する牧場の牛乳搬出用の農道として整備された経緯から名付けられたものである[3]。本県道路線は、国道57号・豊後街道交点から熊本県道12号天瀬阿蘇線までの単独区間がミルクロードの西側一部区間を構成する。

地理編集

阿蘇外輪山の稜線上は、さえぎるものが無い見晴らしのよい草原地帯が広がり、ゆったりとしたカーブとアップダウンが繰り返すワインディングである[3]。沿線には、二重の峠、兜岩(かぶと岩展望台)、北山展望所(正式名:西湯浦園地展望所)、麓の集落と牧場を結ぶ生活道路である通称「ラピュタの道」といった絶景の人気観光名所も点在する[3]。外輪山の途中にあるかぶと岩展望所から、ふもと阿蘇谷の水田地帯と内牧温泉を見下ろし、阿蘇山からくじゅう連山が展望でき、秋にはカルデラの雲海も見ることができる[2]

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

脚注編集

  1. ^ 大津町高尾野(熊本中核工業団地)と阿蘇市西湯浦(熊本県道23号菊池赤水線交点)に閉鎖用のゲートがあり、積雪がある場合は当地区から阿蘇(大観峰)方面が通行止めとなる。
  2. ^ a b c 須藤英一 2013, p. 167.
  3. ^ a b c d 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 124.

参考文献編集

関連項目編集