メインメニューを開く
地図

熱海銀座商店街(あたみぎんざしょうてんがい)は、熱海市市街地の商店街

江戸時代熱海温泉の中心地である大湯周辺と海岸部をつなぐ位置にある「熱海銀座/銀座通り」の商店街である。

場所柄、先祖が来宮神社の御神体を海中から拾ったとされる小沢ひもの店や、先祖が義民釜鳴屋平七である釜鶴ひもの店など、熱海の漁民の歴史と関わっている老舗のひもの店を擁し、また、来宮神社の例大祭である「こがし祭」の「御神幸行列」や、湯前神社の秋季例大祭における「湯汲み道中」などの通り道ともなっている[1][2]。特に「御神幸行列」では、小沢ひもの店前で鹿島踊りも披露される[3]

また下述するように、2013年11月から、熱海銀座商店街を歩行者天国にして地域の雑貨や食品の出店を並べる「海辺のあたみマルシェ」も、不定期で開催されている。

熱海銀座について編集

現在「熱海銀座」「銀座通り」と呼ばれている一帯は、かつて「本通町」「本町通り」と呼ばれていた温泉場の中心的な通りの海側(下町)に相当する部分であり、江戸時代までの熱海温泉の中心的な源泉であった「大湯間歇泉」やその付近に形成されていた温泉宿群(湯戸)がある商業的中心地だった「上町・本町」からやや下った、庶民・漁民が暮らしていた場所だった[4][5]

明治に入ると、江戸時代までの「湯戸」の支配体制が崩れ、自由な商業経済活動が行われる中で、商業開発のしやすさや立地条件の良さから、熱海の商業的中心地へと浮上することになる。

「銀座」の名は、関東大震災復興時に東京銀座から正式に継承したものであり、戸越銀座に次いで日本で2番目、東京外では初めて「銀座」の名を継承した[6]。かつては譲り受けた数寄屋橋の柳があったが、1950年(昭和25年)の「熱海大火」の際に焼失してしまった[6]

長らく観光客のための商業的中心地だったが、1960年代に入ると熱海駅周辺の開発も進み、他の市街地の開発も進んだため、徐々に存在感は薄れていき、象徴的な意味合いが強くなっていく。

1990年代以降、町の衰退と道を同じくし、2000年代には一時シャッター街と化すが、2010年代以降は、株式会社machimori等の地域おこし事業の効果や、熱海自体の観光地としての人気復活もあり、活気を取り戻している。

店舗編集

名産品編集

  • 釜鶴ひもの店
  • 小沢ひもの店
  • あをきのひもの本店
  • あたみや
  • 佐藤油店

飲食店編集

酒店

  • 山洋水産
  • Club POLARIS
  • PRAIVATE CAFÉ AYAHIME

服飾・宝飾編集

  • 時計・眼鏡・宝飾 イナダ
  • 特選紳士・婦人洋品 花菱
  • 小宮袋物店
  • 絹川屋

宿泊編集

  • ゲストハウス 友蘭
  • ゲストハウス マルヤ

銀行編集

その他編集

  • すぎもと薬局
  • パチンコ サンアシベ
  • 熱海銀座劇場

海辺のあたみマルシェ編集

2013年11月より、地域活性化を目的として、商店街を歩行者天国にして地域の雑貨や食品の出店を出させる「海辺のあたみマルシェ」も不定期で開催されており、商店街の活性化に一定の貢献を果たしていると評価されている[7]。(※は親水公園開催)

2013年

  • 第1回 - 11/9(土)

2014年

  • 第2回 - 1/19(日)
  • 第3回 - 3/9(日)
  • 第4回 - 5/18(日)
  • 第5回 - 7/19(土)
  • 第6回 - 9/13(土)
  • 第7回 - 11/16(日)

2015年

  • 第8回 - 1/18(日)
  • 第9回 - 3/29(日)
  • 第10回 - 5/24(日)
  • 第11回 - 7/19(日)
  • 第12回 - 9/27(日)
  • 第13回 - 11/22(日)

2016年

  • 第14回 - 1/17(日)
  • 第15回 - 3/27(日)
  • 第16回 - 5/29(日)
  • 第17回 - 7/31(日)
  • 第18回 - 9/25(日)
  • 第19回 - 11/27(日)

2017年

  • 第20回 - 1/15(日)
  • 第21回 - 3/26(日)
  • 第22回 - 4/29(土)※
  • 第23回 - 5/28(日)※
  • 第24回 - 6/25(日)※
  • 第25回 - 10/1(日)
  • 第26回 - 10/29(日)※(雨天中止)
  • 第27回 - 11/26(日)※
  • 第28回 - 12/17(日)※

2018年

  • 第29回 - 3/25(日)
  • 第30回 - 5/26(土)
  • 第31回 - 9/23(日)
  • 第32回 - 10/6(土)
  • 第33回 - 11/25(日)

2019年

  • 第34回 - 3/24(日)
  • 第35回 - 9/22(日) (雨天中止)

2020年

  • 第36回 - 3/22(日)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集