メインメニューを開く

ラスカ熱海(ラスカあたみ)は、静岡県熱海市田原本町に所在する熱海駅駅ビルである。日本を代表する温泉街のひとつである熱海温泉に隣接しているため、周辺にも数多くのお土産店が軒を連ねており、熱海温泉の一大お土産店街を形成している。

ラスカ熱海
LUSCA ATAMI
Atami Station.jpg
地図
店舗概要
所在地 静岡県熱海市田原本町11-1
座標 北緯35度6分11.8秒 東経139度4分40.2秒 / 北緯35.103278度 東経139.077833度 / 35.103278; 139.077833座標: 北緯35度6分11.8秒 東経139度4分40.2秒 / 北緯35.103278度 東経139.077833度 / 35.103278; 139.077833
開業日 2016年11月25日
正式名称 湘南ステーションビル熱海店
施設所有者 湘南ステーションビル株式会社
前身 (初代店舗)
最寄駅 熱海駅
テンプレートを表示

現在の建物は、2016年11月25日(金)にオープンした2代目[1]。正式名称は湘南ステーションビル熱海店JR東日本の子会社である湘南ステーションビルが営業する。なお、ラスカは他に3駅(小田原駅平塚駅茅ケ崎駅)に存在する。

2代目(ラスカ熱海)編集

概要編集

建物は3階建てであり、各階に加えて屋上にもフロアがある[2]。また、南隣り(伊東寄り)に車53台が駐車可能なコインパーキングがある[3]

営業時間は、ショッピングが9:00〜20:00、レストラン・カフェが11:00〜21:30、屋上広場が9:00〜21:00。

フロア構成編集

屋上

3階 - レストラン・サービス

2階 - カフェ・おみやげ・雑貨

1階 - カフェ・おみやげ・食品・惣菜

  • 熱海コレクション A-PLUS - 熱海ブランド認定商品
  • 伊豆・村の駅 - 総合物産
  • 石舟庵 - 和洋菓子(おみやげ)
  • 菓子舗 間瀬 - 和菓子(おみやげ)
  • 和菓子 村上 - 和菓子(おみやげ)
  • 鈴廣かまぼこ - かまぼこ練り製品
  • まる天 ラスカ熱海店 - 練り製品
  • 伊豆 吉匠 - 鯵の唐揚げ(テイクアウト)
  • 徳造丸 - 煮魚・漬魚(おみやげ)
  • 釜鶴ひもの店 - 干物
  • あをきのひもの本店 - 干物・お茶漬け(おみやげ)
  • 岸浅次郎商店 - 漬物(おみやげ)
  • カメヤ - わさび関連商品(おみやげ)

駐車場

  • タイムズ24 ラスカ熱海(6:00〜22:00、昼間400円/時間, 夜間600円/時間、2000円以上/1店舗の買い物で1時間無料, 最大2時間無料)

初代(熱海ラスカ)編集

概要編集

熱海ラスカ(初代)
ATAMI LUSCA
店舗概要
所在地 静岡県熱海市田原本町11-2
開業日 1951年12月
閉業日 2010年3月31日
正式名称 湘南ステーションビル熱海店
施設所有者 湘南ステーションビル株式会社
営業時間 8:30 - 18:30(1階)
10:00 - 21:00(2階)
前身 熱海駅デパート

熱海アボンデ
後身 (2代目店舗)
最寄駅 熱海駅
テンプレートを表示

建物は、旧熱海駅舎の南隣り(伊東寄り)に所在し、3層2階建て構造。開業当初は「熱海駅デパート」を名乗っていたが、のちに「熱海アボンデ」と改称。当時は小田急系列であったが、2005年4月に湘南ステーションビル株式会社に吸収され、「熱海ラスカ」に再度改称した。耐震性能やバリアフリー性能に欠けることから、2010年3月31日に営業を終了し、取り壊された。

1階にお土産店、2階・中2階に飲食店が入居しており、1階の営業時間は8:30~18:30、2階は10:00~21:00であった。小田急電鉄も湘南ステーションビルの主要株主であり、Odakyu SHOPの入居や、小田急ロマンスカー予約業務を行なっていた。

フロア構成編集

2階・中2階 - お好み食堂・喫茶の街

  • うめや
  • 三愛
  • くるみ
  • 天煌
  • 喜久すし
  • 北京料理燕京飯店
  • 食事処新きらく
  • 喫茶わがまま
  • 磯也和食処

1階 - お土産の街

  • アボンデ各店
  • まる天
  • Odakyu SHOP熱海店
  • KIOSK銘品館
  • ふじや
  • すず木
  • 元祖温泉まんじゅう延命堂
  • そとやま
  • あみや
  • ケーケーショップ
  • さ乃
  • 村上
  • 磯也干物店
  • すえ松

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集