メインメニューを開く

片岡 政義(かたおか まさよし、1930年[1] - )は、日本テレビプロデューサー、元テレビ朝日社員。

かたおか まさよし
片岡 政義
生年月日 1930年
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 プロデューサー
ジャンル テレビドラマ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

東京電機大学卒業(1951年[2]群馬大学工学部電機部門卒業(1953年[1]。大学卒業後、多くの職業を経て1960年東映テレビ・プロダクションにプロデューサーとして入社[1]1962年日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)に入社、同じくプロデューサーを務める[1]

東映制作のテレビドラマを主とした数多くの番組の企画・プロデュースを手掛ける。そのような中で、1967年のテレビドラマ『白い巨塔』のロケドイツベルリンフランクフルトハイデルベルクを回った時に、将来の海外移住を初めて考えるようになる[3]。最終的には移住先をスペインポルトガルに絞り、両国を比較研究した末で1985年に移住先をポルトガルに決める[3]1989年定年退職後、夫婦でポルトガルに移住[3]

担当作品編集

※全てテレビ朝日(NET)放映の作品

著書編集

  • そして、夢は海を越えた (テレビ朝日 刊、1990年6月30日発行 山中薫との共著)
  • リスボンおじさんひねくれガイド 見る聞く、食べるポルトガル (モジカンパニー 編、テレビ朝日事業局出版部 1997年7月10日発行)

脚注編集

  1. ^ a b c d 『そして、夢は海を越えた』p.8 著者プロフィール
  2. ^ 『リスボンおじさんひねくれガイド』p.304 著者プロフィール
  3. ^ a b c 『そして、夢は海を越えた』p.9 - 11