メインメニューを開く

片桐 恒男(かたぎり つねお、1896年5月5日 - 没年不詳)は、日本俳優である[1][2]。本名は片桐 經男(読み同じ)[1]。旧芸名は片桐 六朗(かたぎり ろくろう)、片桐 六郎のほか、片桐 恒雄片桐 恒夫片桐 常男片桐 常雄と表記に揺れがある。帝国キネマ新興キネマなどで活躍した名悪役の一人である。

かたぎり つねお
片桐 恒男
本名 片桐 經男 (かたぎり つねお)
別名義 片桐 六朗 (かたぎり ろくろう)
片桐 六郎
片桐 恒雄
片桐 恒夫
片桐 常男
片桐 常雄
生年月日 (1896-05-05) 1896年5月5日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府(現在の東京都
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1914年 - 1965年
主な作品
孔雀の光
慈悲心中ヶ丘
久阪義助
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

1896年5月5日東京府下(現在の東京都)に生まれる[1][2]

中学校卒業後、徴兵検査を受験するも不合格となり、俳優に転向して新派井上正夫一座に加入する[1]。次いで山崎長之輔一座から村田正雄一座の幹部となり、1921年には片桐恒男一座を組織して各地を巡業したが、1925年に舞台を退く[1]。同年12月帝国キネマに入社して、多数の作品に出演する[1]。中でも1926年に公開された後藤秋声監督映画『慈悲心中ヶ丘』では、鹿児島に潜入した刀鍛冶、実は官軍の間諜・白川左近大佐という大役を演じている。1936年極東キネマに移籍し、芸名も片桐六朗と改名。しかし1937年、帝国キネマが改称した新興キネマに再び入社した。以後も敵役を中心に引き続き多くの作品に出演した。片桐六郎という芸名で活動していた時期もある。

ところが、1940年に公開された西原孝監督映画『元禄深編笠』を最後に出演作品が途絶え、『日本映画俳優全集 男優篇』など殆どの資料では以後の消息は不明とする[1][2]が、戦後の1949年大映京都撮影所が製作した木村恵吾監督映画『大江戸七変化』から再び映画に出演しており、復帰したと思われる。その後、東宝を経て1955年日活へ入社して多くの作品に出演している。1965年に公開された柳瀬観監督映画『高原のお嬢さん』以降の出演作品が見当たらず、以後の消息は不明である。没年不詳

出演作品編集

  • 孔雀の光 第一篇(1926年、帝キネ小阪) - 多田源右衛門
  • 情けの掛縄(1926年、帝キネ小阪) - 伊藤寛斎
  • 孔雀の光 第二篇(1926年、帝キネ小阪)
  • 大前田と高崎の勇次郎(1926年、帝キネ小阪) - 江尻の藤三
  • 影絵の如く 前篇・後篇(1926年、帝キネ小阪) - 渋谷越中
  • 悲恋心中ケ丘(1926年、帝キネ小阪)
  • 黒手組助六 前篇(1926年、帝キネ小阪) - 幇間造酒八
  • 熊野路(1926年、帝キネ小阪)
  • 黒手組助六 中篇・後篇(1926年、帝キネ小阪)
  • 権八最後の義刃 (1926年、帝キネ小阪)
  • 忠僕為助(1927年、帝キネ芦屋
  • 四谷怪談 前後篇(1927年、帝キネ芦屋) - 秋山長兵衛
  • 孤島の怪人(1927年、帝キネ
  • 夕立勘五郎(1928年、帝キネ)
  • 自暴(1928年、帝キネ) - 横田源吾
  • 断腸の剣(1928年、帝キネ)
  • 快兇刃 第一篇 暗の声(1928年、帝キネ)
  • 小天狗貞蔵(1929年、帝キネ)
  • 夜の狼(1929年、帝キネ)
  • 花吹雪新八(1929年、帝キネ)
  • 刺青奉行(1929年、帝キネ)
  • 松山奇談 八百八狸(1929年、帝キネ) - 山口与左衛門
  • 伝奇刀葉林 前篇・後篇(1929年、帝キネ) - 海賊鮫島剛右衛門
  • 宝剣(1929年、帝キネ)
  • 出船の港(1929年、帝キネ)
  • 南八郎(1929年、帝キネ)
  • 貝殻一平 第一篇(1929年、帝キネ) - 青木鉄生
  • 貝殻一平 第二篇(1930年、帝キネ)
  • 二人の傀儡(1930年、帝キネ)
  • 妖盗綺譚(1930年、百々之助プロ)
  • 男一匹度胸の刃(1930年、帝キネ)
  • 貝殻一平 第三篇(1930年、帝キネ)
  • 忍術浪速行脚(1931年、帝キネ)
  • 一心太助(1931年、帝キネ)
  • 弥次喜多道中東海道(1931年、帝キネ) - 師範代太田黒平馬
  • お岩長屋(1931年、帝キネ太奏) - 荒木田郡衛門
  • 笹野名槍伝 折助権三(1931年、新興) - 風早新八郎
  • 阿波の十郎兵衛(1931年、新興) - 悪侍鉄川
  • 地雷火組(1931年、新興) - 目明かし金六
  • 松蔭村雨 江戸篇(1931年、大衆文芸映画) - 鬼の角兵衛
  • 御意見番登城(1932年、新興)川勝丹波守
  • 身変り紋三 前篇 白虎跳梁(1932年、新興) - 宇津木六之丞
  • 身変り紋三 後篇 青竜天上(1932年、新興)
  • 戦雲三日月党(1932年、新興) - 播州三日月城主尼子義久
  • 花吹雪さむらひ仙太(1932年、新興) - 悪代官田原大学
  • 新釈黒田騒動(1932年、新興) - 大久保彦左衛門
  • 元禄奴太平記(1932年、新興) - 武芸者大橋又五郎
  • 享保旗本くづれ(1932年、新興) - 源六
  • 大江戸闇の歌(1932年、新興) - 大仏録兵衛
  • 仇討兄弟鑑(1932年、大衆文芸映画) - 石渡弥三郎
  • 旅姿水戸中納言(1932年、新興) - 海野権三郎
  • 益満休之助(1932年、新興) - 山岡鉄太郎
  • 明暗三世相 前篇(1932年、新興) - 中望健之助
  • 江戸侠艶録(1932年、新興) - 権田左衛門
  • 恋と十手と巾着切(1932年、新興) - 御用聞てつきり鉄五郎
  • 剣侠一代男(1932年、新興) - 島田一閑斉
  • 鏡山競艶録(1933年、新興) - 大月伝五左
  • 妖魔の絵暦(1933年、新興) - 弼場竜三
  • 染分振子(1933年、新興) - 跡部三十郎
  • 恋慕吹雪(1933年、新興) - 浪人
  • 八州侠客陣(1933年、新興) - 飯岡助五郎
  • さけぶ雷鳥(1933年、新興) - 駒木根
  • 遊侠三下気質(1933年、新興) - 小金井小次郎
  • 秋祭深川音頭(1933年、新興) - 太夫元伝吉
  • 颱風を突破るもの(1933年、新興) - 小田切
  • 弥太五郎懺悔(1933年、新興) - 本庄屋
  • ひよどり草紙 後篇(1933年、新興) - 大野治長
  • 藤三行状記 前篇・後篇(1934年、新興) - 猪野毛大悦
  • 伊達事変(1934年、新興) - 伊東伊十郎
  • 魂の影絵(1934年、新興) - 上杉家の家老塩田刑部
  • 猿飛薩摩飛脚(1934年、新興) - 黒岩十蔵
  • 水戸黄門 前篇・後篇(1934年、新興) - 舞坂の源七
  • 仇討妻恋坂(1934年、新興) - 榎本壹岐
  • 地獄往来(1934年、新興) - 岩鉄親分
  • お江戸春化粧(1935年、新興京都) - 勘定奉行安井肥前守
  • 春雪白日夢(1935年、新興京都) - 勘介
  • 明治十三年(1935年、新興京都) - 探索日下鉄心
  • 黄門漫遊記(1935年、新興京都) - 卜部美岐
  • 太閤記 藤吉郎走卒の巻(1935年、新興京都) - 佐久間右衛門
  • 勝鬨赤鞘晴れ(1936年、極東映画
  • 岩見重太郎(1937年、新興京都) - 広瀬軍蔵
  • 異変黒手組(1937年、新興京都) - 同人黒木
  • さむらひ音頭(1937年、新興京都) - 水戸浪士山之辺勇
  • 幻の白頭巾(1937年、新興京都) - 連発銃の名人鷹口逸平
  • 吉田御殿(1937年、新興京都) - 表門役人田中重左衛門
  • 南風薩摩歌(1937年、新興京都) - 薩摩の士官吉田猛
  • 鬼傑白頭巾(1937年、新興京都) - 林田十兵衛
  • 女賊と捕手(1937年、新興京都) - 軍学者別木庄左衛門
  • 八幡船隊(1937年、新興京都) - 樋口源内
  • 岡野金右衛門(1937年、新興京都) - 堀部安兵衛
  • 猿飛旅日記(1937年、新興京都) - 大場左源太
  • 仇討彦山権現(1938年、新興京都) - 毛利家の臣春景藤蔵
  • 血煙三田山(1938年、新興京都) - 三田銅山奉行鈴木源之進
  • 剣豪荒木又右衛門(1938年、新興京都) - 星合団四郎
  • 恋愛剣法(1938年、新興京都) - 塚原五郎兵衛
  • 疾風白頭巾(1938年、新興京都) - 安藤九郎右衛門
  • 柳生旅日記(1938年、新興京都) - 熊手源内
  • 薩摩飛脚(1938年、新興京都) - 是枝晋作
  • 振袖若衆(1938年、新興京都) - 旗本朱鞘組大河内左膳
  • 宮本武蔵(1938年、新興京都) - 沼津の町道場主白倉伝五右衛門
  • 肥後の駒下駄(1938年、新興京都) - 春日井新十郎
  • 富士川の血煙(1939年、新興京都) - 勝蔵の乾分
  • 元禄女大名(1939年、新興京都) - 金時金右衛門
  • 塚原武勇伝(1939年、新興京都) - 海賊飛竜丸
  • 女自来也(1939年、新興京都) - 平山三五郎
  • 忠孝小笠原狐(1939年、新興京都) - 細井武平
  • 阿波狸合戦(1939年、新興京都) - 屋島の八兵衛
  • 足軽女夫鑑(1939年、新興京都) - 有村治郎左衛門
  • 山内一豊の妻(1939年、新興京都) - 黒田長政
  • お江戸奴侍(1939年、新興京都) - 安井広右衛門
  • 妻恋信州城(1939年、新興京都) - 小田井八
  • 姫君大納言(1939年、新興京都) - 青貝三十郎
  • 文福茶釜(1939年、新興京都) - 金谷見山
  • 長脇差団十郎(1939年、新興京都) - 用心棒与太夫
  • 隠密姫(1939年、新興京都) - 坂部三十郎
  • 木村長門守(1940年、新興京都) - 塙団右衛門
  • 旗岡巡査(1940年、新興京都) - 署長
  • 花嫁十三夜(1940年、新興京都) - 浪人強盗黒沼伝兵衛
  • 花暦八笑人(1940年、新興京都) - 殴られた武士
  • 元禄だんだら染(1940年、新興京都) - 清水一角
  • からくり蝶(1940年、新興京都) - 天堂角文進
  • 秋葉の火祭(1940年、新興京都) - 神沢小五郎
  • 細川血達磨(1940年、新興京都) - 公儀の隠密伊南図書
  • 流れ星(1940年、新興京都) - 長島平九郎
  • 風雲越後城(1940年、新興京都) - 大原源右衛門
  • 元禄深編笠(1940年、新興京都) - 金井主膳
  • 大江戸七変化(1949年、大映京都)硲の家臣
  • 透明人間現わる(1949年、大映東京) - 山下実
  • 唐手三四郎(1951年、児井プロ) - 現場監督田中
  • 戦国無頼(1952年、東宝
  • 生きる(1952年、東宝) - 教育課児童福祉係職員
  • 一等社員 三等重役兄弟篇(1953年、東宝)
  • 総理大臣の恋文(1953年、東宝) - 花井選対委員長
  • 悲劇の将軍 山下泰文(1953年、東映東京) - 比島政府要人
  • 旅はそよ風(1953年、宝塚映画) - 大和屋の番頭久六
  • 金さん捕物帖 謎の人形師(1953年、東宝) - 早瀬辰馬
  • 天晴れ一番手柄 青春銭形平次(1953年、東宝) - 小田切伊豆守
  • 太平洋の鷲(1953年、東宝) - 軍務局長
  • 愛人(1953年、東宝) - ホールの客
  • さらばラバウル(1954年、東宝)
  • 七人の侍(1954年、東宝) - 百姓B
  • かくて自由の鐘は鳴る 福澤諭吉傳(1954年、東宝) - 一馬の父寿太夫
  • 沓掛時次郎(1954年、日活) - 越後屋孫右衛門
  • からたちの花(1954年、日活) - 信子の父
  • 愛のお荷物(1955年、日活)
  • 快傑耶茶坊 前篇 流血島の鬼(1956年、日活) - 耶太加那
  • 快傑耶茶坊 後篇 絶海の死闘(1956年、日活) - 耶太加那
  • 燃ゆる黒帯 花の高校生(1956年、日活) - 校長
  • しあわせはどこに(1956年、日活) - 試験官A
  • 花の運河(1956年、日活) - 内海代議士
  • 隣の嫁(1956年、日活) - 父
  • 青い怒涛(1956年、日活) - 市立病院院長
  • 川上哲治物語 背番号16(1957年、日活) - 校長
  • 孤独の人(1957年、日活) - 老支配人
  • おばこ船頭さん(1957年、日活) - 源助
  • 十代の恋よさようなら(1958年、日活) - 工場主
  • どうせ拾った恋だもの(1958年、日活) - 高野院長
  • ギターを持った渡り鳥(1959年、日活) - スベニヤショップ店主
  • あじさいの歌(1960年、日活) - 八坂先生
  • 青い芽の素顔(1961年、日活) - 細川
  • 泥だらけの純情(1963年、日活)
  • 関東遊侠伝(1963年、日活)
  • 灼熱の椅子(1963年、日活) - 倉庫番
  • 男の紋章 花と長脇差(1964年、日活) - 清源寺の和尚
  • 北国の街(1965年、日活) - 守衛
  • 高原のお嬢さん(1965年) - 吾一

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、149頁。
  2. ^ a b c 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』日外アソシエーツ、2014年。

外部リンク編集