さらばラバウル

日本の映画

さらばラバウル』は、1954年昭和29年)2月10日に公開された日本戦争映画[2]。製作、配給は東宝[1]モノクロスタンダード。監督は本多猪四郎。脚本は橋本忍馬淵薫西島大。特殊技術は円谷英二

さらばラバウル
Farewell Rabaul
Saraba Rabauru poster 2.jpg
監督 本多猪四郎
脚本
製作 田中友幸
出演者
音楽 塚原晢夫
撮影
編集 岩下広一
配給 東宝[1]
公開 日本の旗 1954年2月10日[1]
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

太平洋戦争でのラバウル戦線を題材とした映画[3]本多猪四郎円谷英二が、前年の『太平洋の鷲』に続いてコンビを組んだ作品である。

題名は、戦時中の流行歌「ラバウル小唄」の歌詞から取られている[4]

本多によれば、戦時中の男女の恋愛を中心としており、戦争に巻き込まれた民衆の生き様を描き、戦争の罪悪を問うことをテーマとしているほか、当時はまだ駐留軍が居て大っぴらには語り合えないものの、戦時中を懐古する風潮があったと述べている[4]

2001年公開の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(監督:金子修介)では、作中世界における1954年のゴジラ出現シーンに本作品のポスターが登場している。

あらすじ編集

昭和19年、ラバウルにいる海軍基地航空隊零戦乗りの若林大尉は撃墜の多さと同時に、部下に厳しいことで鬼隊長の異名をとっていた。出撃のたびに損耗が多く、特に「イエロースネーク」と呼ばれる敵機に、味方機は次々と落とされていった。

キャスト編集

※以下ノンクレジット出演者

スタッフ編集

本編編集

特殊技術編集

特撮編集

円谷英二による特撮は『太平洋の鷲』よりも技術が進み、操演や合成が多用された[3][5][1]。監督の本多猪四郎は、飛行場爆撃シーンでの人物合成や零戦不時着シーンでの本編映像と息のあったミニチュア特撮などを高く評価している[4]。プロデューサーの田中友幸は本作品の出来によって特撮映画に手応えを感じ、同年のうちに本多や円谷とともに『ゴジラ』を手掛けるなど、特撮映画の制作を重視するようになっていった[6][7]。造形助手の開米栄三は、寒天で作られた海のセットが好評であったと証言している[8]。一方で、特殊技術撮影の有川貞昌によれば、円谷は苦労して撮影したカットが入っていなかったことを本多に意見していたといい、本作品の時点では映画業界全体で特撮の重要性が認識されておらず、円谷は悔しがっていたという[9]

オープンセットでの夜間の爆撃シーンの撮影では、火薬の爆発音があまりにも大きかったため、撮影所の近隣住民からの苦情が殺到したという[3][5]

江ノ島ロケでは零戦の実物大造形物が用いられたが、撮影初日にこれを実物と誤認した在日米軍のヘリコプターが偵察に訪れるという一幕もあった[4]。本多は、米軍も錯覚する美術の出来栄えを高く評価していた[4]。田中によれば、この造形物はジュラルミン製で、当時の金額で100万円かかったという[10]

空中戦のシーンは特撮だけでなく、アメリカ空軍所蔵のフィルムが併用されている。

映像ソフト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 円谷英二特撮世界 2001, p. 37, 「さらばラバウル」
  2. ^ ゴジラ大全集 1994, p. 51, 「東宝特撮映画リスト」
  3. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, p. 89, 「東宝特撮映画作品史 前史」
  4. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 61–62, 「本多猪四郎 私と特撮映画」
  5. ^ a b 『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、50頁。ISBN 4766927060 
  6. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 53, 「田中友幸 特撮映画の思い出」
  7. ^ ゴジラ大全集 1994, pp. 52–53, 「東宝特撮映画史 ゴジラ誕生 ゴジラ誕生」
  8. ^ 別冊映画秘宝編集部 編「開米栄三(構成・文 友井健人/『映画秘宝』2010年7月号、8月号の合併再編集)」 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日、196頁。ISBN 978-4-8003-1050-7 
  9. ^ 有川貞昌「1954-68 GODZILLA ゴジラは新しさへ挑戦する精神 特撮は映画界の裏街道だった」 『ゴジラ映画クロニクル 1954-1998 ゴジラ・デイズ』企画・構成 冠木新市、集英社集英社文庫〉、1998年7月15日 (原著1993年11月)、214-215頁。ISBN 4-08-748815-2 
  10. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 446, 「特別対談 東宝特撮映画未来へ! 小松左京 田中友幸」
  11. ^ a b 日本特撮映画図鑑 1999, p. 96, 「特撮映画 裏のウラ[3]」

参考文献編集

外部リンク編集