牡丹駅 (新北市)

台湾の新北市の鉄道駅

牡丹駅(ぼたんえき)は台湾新北市双渓区にある台湾鉄路管理局(台鉄)宜蘭線双渓駅が管理する簡易駅であり[1]、台鉄では数少ない硬券の切符を販売していた(2017年8月まで)。

牡丹駅
TRA Mudan Station.jpg
駅舎
牡丹
ムーダン
Mudan
三貂嶺 (3.5km)
(3.3km) 双渓
所在地 台湾新北市双渓区牡丹里牡丹路159号
駅番号 086
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 招呼駅
旧名 武丹坑、牡丹坑
所属路線 宜蘭線
キロ程 19.6km(八堵起点)
電報略号 ㄇㄉ
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
#利用状況節参照
-人/日
開業年月日 1922年9月21日
テンプレートを表示
牡丹駅
各種表記
繁体字 牡丹車站
簡体字 牡丹车站
拼音 Mǔ dān Chēzhàn
通用拼音 Mǔ dan Chējhàn
注音符号 ㄇㄨˇ ㄉㄢ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: ムーダン チャーヂャン
台湾語白話字 Bó͘-tan Chhia-Tsâm
日本語漢音読み ぼたんえき
英文 Mudan Station
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1922年9月13日 - 「武丹坑駅」(当時の表記は武丹坑驛)として開業。駅の位置は三貂嶺トンネルの出口近くであった[1][2]
  • 1923年10月12日 - 営業停止。[3]
  • 1924年4月17日 - 駅を移転して営業再開。[3]
  • 1952年12月1日 - 「牡丹坑駅」に改名した。[1]
  • 1964年12月1日 - 「牡丹駅」に改名した。
  • 1990年8月1日 - 三等駅から簡易駅となった。[3]
  • 2017年9月1日 - 招呼駅に降格、硬券販売を含め窓口を閉鎖[4]

駅構造編集

利用状況編集

年別利用客数推移
年間利用客数 1日平均
乗車 下車 乗降計 出典 乗車 乗降
1946 42,377 38,672 81,049 [5] 116 222
2002 54,088 57,256 111,344 [6] 148 305
2003 51,962 52,636 104,598 142 287
2004 50,057 52,138 102,195 137 279
2005 49,497 51,470 100,967 136 277
2006 50,107 51,561 101,668 137 279
2007 48,318 49,112 97,430 132 267
2008 51,432 50,569 102,001 141 279
2009 50,636 49,699 100,335 139 275
2010 54,915 53,855 108,770 150 298
2011 55,689 56,191 111,880 144 307
2012 54,446 58,527 112,973 149 309
2013 52,510 51,116 103,626 144 284
2014 51,168 47,398 98,566 [7] 140 270
2015 46,673 50,774 97,447 [8] 128 267
2016 46,829 53,051 99,880 [9] 128 273
2017 49,349 51,949 101,298 [10] 135 278
2018 44,118 51,277 95,395 [11] 121 261
2019 48,731 53,788 102,519 [12] 134 281

駅周辺編集

  • 鉄道牡丹坂
  • 貂山古道
  • 無縁之墓
  • 樹梅産業道路
  • 牡丹派出所
  • 牡丹国小

ギャラリー編集

隣の駅編集

台湾鉄路管理局
宜蘭線
三貂嶺駅 - 牡丹駅 - 双渓駅

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 牡丹站(臺灣鐵路管理局)
  2. ^ 鉄道省 (1937-11-30). 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在. 国立国会図書館. p. 521. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207554 
  3. ^ a b c 牡丹車站(驛站之旅)
  4. ^ (繁体字中国語)牡丹站、大溪站改無人招呼站後 台鐵局這麼做2017年9月3日,台灣蘋果日報
  5. ^ (繁体字中国語)臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會 (1947年5月). 臺灣鐵路業務統計要覽 民國35年度. 臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會. p. 頁28. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=007_001_0000408093 
  6. ^ (繁体字中国語)102年新北市交通統計年報”. 新北市政府交通局 (2014年6月). 2019年6月30日閲覧。
  7. ^ 103年報 各站客貨運起訖量”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  8. ^ 104年報 各站客貨運起訖量”. 2016年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  9. ^ 105年報 各站客貨運起訖量”. 2017年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  10. ^ 106年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月5日閲覧。
  11. ^ 107年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月25日閲覧。
  12. ^ 108年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2020年5月13日閲覧。

外部リンク編集

台湾鉄路管理局