メインメニューを開く

猿女君(さるめのきみ・猨女君猿女公)は、古代より朝廷祭祀に携わってきたとされる一族。

概要編集

アメノウズメを始祖としており[1][2][2]に持つ氏族の一つともされるが、君・公は女性への尊称であり、姓ではないともされる[3]。実際『姓氏録』等に猿女君を称する氏族は見られない。

日本神話においてアメノウズメが岩戸隠れの際に岩戸の前でを舞ったという伝承から、鎮魂祭での演舞や大嘗祭における前行などを執り行った猿女[4]を貢進した氏族とされる[2]。氏族の名前は、アメノウズメが天孫降臨の際に猿田毘古神と応対したことにより、猿田毘古神の名を残すために邇邇芸命より名づけられたものであると神話では説明している[5]。実際には、「戯(さ)る女」の意味であると考えられている。

本拠地は伊勢国と想定されるが、一部は朝廷の祭祀を勤めるために、大和国添上郡稗田村(現在の奈良県大和郡山市稗田町)に本拠地を移し、稗田氏を称した[6]

考証編集

他の祭祀氏族が男性が祭祀に携わっていたのに対し、猿女君は女性、すなわち巫女として祭祀に携わっていた。それ故に他の祭祀氏族よりも勢力が弱く、弘仁年間には小野氏和邇部氏が猿女君の養田を横取りし、自分の子女を猿女君として貢進したということもあったともされる が[7]、一方で猿田毘古神は『古事記』に伝える宇都志日金折命、また穂高氏の祖神とされる穂高見命と同一視する説もあり[8]、それに従えば所謂猿女君と和邇氏・小野氏は同族となり、横取りして猿女君を貢進したとは言えない。また猿女君は女性の尊称であるため、特定の氏族によって輩出されたとも限らない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 古事記』『日本書紀』『古語拾遺』『先代旧事本紀』(天神本紀
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 2715.
  3. ^ 宝賀寿男「稗田阿禮の実在性と古事記序文」『古樹紀之房間』2015年
  4. ^ コトバンク 1998.
  5. ^ 『古事記』
  6. ^ 佐伯 1994, p. 247.
  7. ^ 類聚国史』巻19,猿女の条
  8. ^ 神々の系譜と海神族の初期分岐過程

参考文献編集

  •  太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「猿女 サルメ サメ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2714-2715頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/451 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 佐伯有清編 『日本古代氏族事典』 雄山閣出版、1994年11月。ISBN 4639012500NCID BN11610905 
  • 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト (1998年10月). “世界大百科事典内の猿女/猨女の言及”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2017年6月26日閲覧。

関連項目編集