メインメニューを開く

玉田 玉秀斎(たまだ ぎょくしゅうさい)は、講談名跡玉田永教神道講釈の流れをくむ玉田派の名跡。当代は四代目。

目次

二代目編集

長らく「二代目」とされていた玉田玉秀斎(下記)の襲名以前にもう一人いたことを示す資料が見つかり、調査が進められている[1][2]

三代目編集

三代目玉田 玉秀斎1856年- 1919年)は初代玉田玉秀斎の門弟。本名は加藤 万次郎。速記講談時代のペンネームは「雪花山人」、「野花散人」など。号は「玉麟」[3]。長らく「二代目」とされていたが、2016年に旭堂南陽が玉田玉秀斎(現・四代目)を襲名する際の調査で、初代のあとに「幻の二代目」が存在することが明らかになった為、三代目に変更された[1][2]

京都の神職の家に生まれ、幼少から講談に親しみ、大阪で錫職人を経て講談に入った。1896年に巡業中の今治で人妻の山田敬と駆け落ちし大阪に戻る。敬は廻船問屋「日吉屋」の内儀で玉田の一歳上、夫と5人の子を残しての出奔だった[4]。敬の長女・寧は母親の駆け落ちを理由に嫁ぎ先から離縁された[4]。玉田は速記者の山田都一郎と組んで速記講談に転じ[4]、3代目玉田玉秀斎を襲名。山田都一郎と寧を結婚させたが、2年ほどで離婚したため、それを契機に速記講談から書き講談に転じ、敬の子供たち(長女、長男、三男、四男)も加わって一派を作って活動し、1911年には一派で立川文庫の企画・執筆を行なった。寧の娘の池田蘭子(1893年-1976年)も立川文庫で執筆や小説を書いた[5][6]。蘭子はその後パーマ技術を学んで大阪で美容院を開業して成功し、自伝小説『女紋』を上梓、菊田一夫の脚本で舞台化もされた。

四代目編集

四代目玉田 玉秀斎1976年11月30日 - )はスウェーデン語を含む8か国語を操る講談師である。前名旭堂 南陽(きょくどう なんよう)。

来歴・人物編集

大阪市平野区に生まれる。大阪府立長野高等学校から大阪市立大学法学部卒。高校時代にスウェーデンに長期留学。2001年11月旭堂小南陵(現4代目旭堂南陵)に入門。

語学一般(英語スウェーデン語ドイツ語中国語等)を用いて赤十字語学奉仕団などのボランティア活動を行っていた。

アメリカ・ボストンでの英語講談・修羅場読みの模様はNHK WORLD「what's on Japan」で全世界に放送された。 英語の他、ブラジル・パラナ州でポルトガル語講談の経験がある。

FM COCOLO NETRIBE(76.5mhz)やさくらFM(78.7mhz)、SENSHU JOLLY FM(82.6mhz)などで映画の予告編講談や北欧講談などの他、地域に密着したラジオ番組を担当している。 また、コミュニティー誌「せんば村」で映画のコラムを執筆している。

2016年11月、四代目玉田玉秀斎を襲名[7]

出演編集

注釈編集

  1. ^ 2016年11月19日放送分までは「南陽の関西講談ウォーク」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “上方若手講談師、ダブル襲名へ 小南陵と玉秀斎“復活””. 産経WEST. (2016年5月17日). http://www.sankei.com/west/news/160517/wst1605170074-n1.html 2017年4月22日閲覧。 
  2. ^ a b 玉田玉秀斎について その2”. 講談師 旭堂南陽の何ナンヨー♪ (2016年5月25日). 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ 玉田 玉秀斎(2代目)”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2017年3月2日閲覧。
  4. ^ a b c 大阪文化論 その32 立川文庫の真骨頂吉田永宏、関西大学『関大』第427号 1993.2.15
  5. ^ “なにわ人物伝 -光彩を放つ- 立川文庫の人たち(6) 池田 蘭子”. 大阪日日新聞. (2005年9月17日). https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/naniwa/naniwa050917.html 2017年4月22日閲覧。 
  6. ^ 池田蘭子(読み)いけだ らんこコトバンク
  7. ^ “「とにかく頑張りたい」上方講談、旭堂小南陵と玉田玉秀斎ダブル襲名”. 産経WEST. (2016年11月25日). http://www.sankei.com/west/news/161125/wst1611250080-n1.html 2017年2月11日閲覧。 
  8. ^ 玉秀斎の関西講談ウォーク ラジオNIKKEIホームページ 2017年2月11日閲覧

外部リンク編集