メインメニューを開く

岡山県総合グラウンド陸上競技場

岡山県総合グラウンド > 岡山県総合グラウンド陸上競技場

岡山県総合グラウンド陸上競技場(おかやまけんそうごうグラウンドりくじょうきょうぎじょう)は、岡山県岡山市北区いずみ町の岡山県総合グラウンド内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は岡山県が所有し、一般社団法人岡山県総合協力事業団が指定管理者として運営管理を行っている。

岡山県総合グラウンド陸上競技場(桃太郎スタジアム)
"シティライトスタジアム"
メインスタンド
岡山県総合グラウンド陸上競技場の位置(岡山県内)
岡山県総合グラウンド陸上競技場
施設情報
所在地 岡山県岡山市北区いずみ町2-1[1]
位置 北緯34度40分50.37秒 東経133度55分10.69秒 / 北緯34.6806583度 東経133.9196361度 / 34.6806583; 133.9196361座標: 北緯34度40分50.37秒 東経133度55分10.69秒 / 北緯34.6806583度 東経133.9196361度 / 34.6806583; 133.9196361
開場 1957年
拡張 2003年5月[2]
所有者 岡山県
運用者 一般社団法人岡山県総合協力事業団
グラウンド 天然芝(106 m × 72 m)
ピッチサイズ 105 m × 68 m
照明 2基
大型映像装置 スーパーカラービジョン
設計者 東畑建築事務所[2]
ドーンデザイン研究所[2]
建設者 竹中工務店・アイサワ工業・蜂谷工業JV[2]
まつもとコーポレーション・重藤組JV[2]
日本技研建設[2]
九電工・中央電気JV[2]
新日本空調・五洋工業JV[2]
三晃空調・インテック共和JV[2]
旧称

岡山県総合グラウンド陸上競技場(-2003年4月) 桃太郎スタジアム (2003年5月-2010年2月)

kankoスタジアム (2010年3月-2015年2月)
使用チーム、大会
ファジアーノ岡山FC(Jリーグ)
山陽女子ロードレース
ファジアーノ岡山ネクスト
川崎製鉄水島サッカー部(-1994年)
第17回国民体育大会(1962年)
第60回国民体育大会(2005年)
平成28年度全国高等学校総合体育大会(2016年)
収容能力
20,000人
アクセス
#アクセスを参照。

命名権(ネーミングライツ)によって、2010年3月1日から2015年2月28日までは菅公学生服株式会社[3] による「kankoスタジアム[4]」(カンコースタジアム、略称「カンスタ」)の呼称を用いた。同様に2015年3月1日より5年間は株式会社シティライトにより「シティライトスタジアム」(略称「Cスタ」)と呼称している(後述)。なお、ネーミングライツ実施以前の愛称は桃太郎スタジアム(ももたろうスタジアム)である。

概要編集

第17回国民体育大会1962年)の会場として1957年に竣工、陸上競技を中心に全県規模の大会に多く使用されてきた。

第60回国民体育大会(晴れの国おかやま国体、2005年)の主会場として使用することを目的に2001年3月から全面的な改築を開始、2003年5月に竣工した[2]。トータルデザインは地元岡山市出身のプロダクトデザイナー水戸岡鋭治(ドーンデザイン研究所)が担当した[2]

2005年の国体開催計画当初は、近接する岡山武道館建設時に発掘された津島遺跡1971年に国の史跡に指定されていたため、岡山市古都南方(上道駅大多羅駅の中間付近)の用地に建設予定であったが、県の財政難で当競技場の改修に計画を変更した経緯がある。そのため、遺跡を保護する目的で、建物を鉄骨基盤にして軽量化を図った他、遺跡から発掘された調度品と県内のスポーツ選手の資料を集めた展示コーナー「遺跡&スポーツミュージアム」を併設し、2008年度に津島遺跡が復元された。また、環境を考慮してスタジアム周辺の樹木は伐採せず、そのまま保存している。

スタジアム正面玄関の前には岡山県出身の女子陸上競技選手:人見絹枝1928年アムステルダムオリンピック女子800m銀メダル獲得者)の銅像が建立されており、人見像のほど近くには同じ岡山県出身の女子陸上競技選手:有森裕子(オリンピック2大会連続女子マラソンメダリスト)の銅像も建立されている[5]

沿革編集

  • 1955年 山口県との誘致合戦の末に国民体育大会の開催が決定。その後、陸軍練兵場跡地にプール・体育館・球技場等と共に建設が始まる
  • 1957年 開場
  • 2001年3月 改築工事着工。
  • 2003年5月 竣工、岡山県総合グラウンド陸上競技場の愛称が岡山県に伝わる童話にちなみ「桃太郎スタジアム」になる
  • 2010年3月 ネーミングライツで「kankoスタジアム」に名称変更
  • 2013年8月4日 J2リーグ戦/ファジアーノ×ガンバ大阪が開催(入場者数は18,269人で当スタジアムにおけるJリーグ公式戦最多動員を記録)
  • 2015年3月 ネーミングライツで「シティライトスタジアム」に名称変更

施設設備編集

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • 陸上用トラック:400m×9レーン(全天候舗装)
  • 天然芝フィールド:106m×72m
  • 雨天走路(バックスタンド下に設置)
  • 大型映像装置(スーパーカラービジョン
  • ナイター設備:照明塔2基・メインスタンド庇先端部投光器(1,500Lx)
  • 収容人員:20,000人(メインスタンド約8,200人、バックスタンド約7,400人、コーナースタンド=芝生席)
    • 屋根はメインスタンドのみにあるが、Jリーグクラブライセンス制度のB等級(キャパシティの3分の1以上を覆うこと)を満たしていないため、Jリーグからファジアーノ岡山に対して是正勧告を行っている。Jリーグでは芝生席を座席とはみなさない取り決めのため、実勢収容人員は15,479人として届け出ている。
    • なおコーナー部(ゴール裏)は狭いため、ファジアーノ主管試合において、アウェーチームの応援席はバックスタンドの第2コーナー付近に設置されている。
  • 太陽光発電を採用

補助グラウンド編集

  • 日本陸上競技連盟第3種公認
  • 陸上用トラック:400m×8レーン(全天候舗装)
  • 天然芝フィールド:106m×72m

施設命名権編集

2009年11月19日、岡山市北区に本社を置く学生服製造の尾崎商事株式会社(当時。現商号・菅公学生服株式会社[3])が命名権を取得した[6][7]。契約期間は2010年3月1日から5年間、年額1,000万円で、同日より、「kankoスタジアム」(略称「カンスタ」)の呼称を用いていた。

2015年2月末での菅公学生服との契約満了を受けて「年額1,500万円以上」の条件で命名権を再募集し[8]、岡山市南区に本社を置く自動車売買業の株式会社シティライトが命名権を取得[9]。契約期間は2015年3月1日から5年間、年額1,620万円で、同日より「シティライトスタジアム」(略称「Cスタ」)の呼称を用いている。

なお、命名権採用後は、基本的に上記の名称を使うことになっているが、クリーンスタジアム規定が適用される国際サッカー連盟及びアジアサッカー連盟主催の国際試合・大会(AFCチャンピオンズリーグなど)では、例外として正式名称を使用する。

開催された主なイベント・大会編集

陸上競技編集

サッカー編集

ラグビー・アメフト編集

  • セリオカップアメフトフェスタ in OKAYAMA 
  • ラグビートップリーグ/クボタスピアーズ×三洋電機ワイルドナイツ(2008年)

その他編集

アクセス編集

電車編集

バス編集

  • JR岡山駅東口・7番乗り場から岡電バス中鉄バス 津高台団地行、国立病院行、免許センター行、「岡山放送前」または「岡山大学筋」で下車[1][10]
  • JR岡山駅西口・22番乗り場から岡電バス、岡山理科大学行「岡山放送前」で下車[10]
  • 岡山駅西口から岡山大学方面へ徒歩約15分。

自動車編集

その他編集

  • ファジアーノはホームゲーム開催時に北長瀬駅前の臨時駐車場から無料シャトルバスを運行している。

岡山県総合グラウンド内のその他施設編集

ギャラリー編集

出典編集

  1. ^ a b c kankoスタジアム”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年2月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「岡山県陸上競技場 桃太郎スタジアム」『近代建築社』2004年1月。
  3. ^ a b 2013年8月1日付で「尾崎商事株式会社」より商号・社名変更
  4. ^ kankoは旧尾崎商事時代の2013年7月まで使用されていたブランド名を使用(現在のブランド名はKANKO)。
  5. ^ @asahi_runner (2016年7月28日). "高校総体の会場" (ツイート). Retrieved 2019年6月24日 – via Twitter.
  6. ^ “岡山県総合グラウンド陸上競技場のネーミングライツ取得について” (プレスリリース), 菅公学生服株式会社, (2009年11月19日), http://kanko-gakuseifuku.co.jp/company/?p=343 2013年8月29日閲覧。 
  7. ^ 県総合グラウンド陸上競技場に係る命名権者の決定 (PDF) 岡山県土木部都市計画課 2009年11月19日
  8. ^ “カンコースタジアム改称へ ファジアーノ好調で命名権料500万円アップ 岡山”. 産経新聞. (2014年11月15日). http://www.sankei.com/region/news/141115/rgn1411150070-n1.html 2015年1月14日閲覧。 
  9. ^ “岡山県総合グラウンド陸上競技場の命名権者が決定しました!” (プレスリリース), 岡山県土木部都市計画課, (2014年12月19日), http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/405678_pdf1.pdf 2014年12月30日閲覧。 
  10. ^ a b c d e アクセス 公式サイト 2013年7月21日閲覧

外部リンク編集