メインメニューを開く

王育徳(おう いくとく、1924年1月30日1985年9月9日)は、台湾出身の言語学者[1]。日本で台湾語や中国語諸方言の研究を行うかたわら、国民党独裁政権下で台湾独立運動を行った[1]

王育徳
プロフィール
出生: 1924年1月30日
死去: (1985-09-09) 1985年9月9日(61歳没)
各種表記
繁体字 王育德
簡体字 王育德
拼音 Wáng Yùdé
閩南語白話字 Ông Io̍k-tek
和名表記: おう いくとく
テンプレートを表示

目次

生涯編集

王育徳は日本統治下の台南市で生まれた[1]台北高校を卒業後、1943年に東京帝国大学文学部支那哲文科に入学したが、太平洋戦争激化のために翌年台湾に戻り、そこで終戦をむかえた。

戦後は台南第一中学で教えるかたわら台湾語による演劇活動を行っていた。

戦前からの台湾人を弾圧した二・二八事件で兄の王育霖が殺されたことで、演劇で国民党批判を行っていた自身も危険であると考えた王育徳は1949年に香港へ脱出した[1]。その後、台湾独立運動家の廖文毅のもとに匿われていた。およそ3週間後、同郷で当時香港に住んでいた邱永漢の手引きで香港から船に乗船し、1949年(昭和24年)7月、下関港から日本に密入国した[1]。東京へ向かう途中、神戸の姉の家を訪ね、「蔡仁徳」名義の変造または偽造された外国人登録証明書を手に入れた。1950年4月、本名の王育徳の名前で東京大学文学部中国文学科に復学(1年次再入学)した。

王は、妻子を台湾から呼び寄せるため、正式な在留資格を取得することを決意した。在留許可を得るために警視庁に出頭したところ、外国人登録令(昭和24年政令381号による改正前の13条あるいは改正後の16条)に基づき国外退去を命ぜられた(退去強制)。王は、退去強制に対する不服申立の訴訟を提起した[2]。訴訟は1審、2審ともに敗訴した。1953年(昭和28年)10月、控訴審敗訴の後、王は、香港から日本に戻っていた邱永漢と再会した。邱永漢は、王をモデルにした小説『密入国者の手記』を執筆し、上訴審係属中に「大衆文芸」の公募に投稿し、同誌昭和29年1月号(14巻1号)に掲載された[3]。この小説は、上訴審で原告側の証拠として提出された。そのため、1954年法務大臣は出入国管理令50条に基づき在留を特別に許可し(在留特別許可)、王は、日本での在留資格を得た。1960年に東京大学の博士課程を修了後、王育徳は明治大学の講師の職につき、のちに助教授・教授を歴任した。1969年に論文「閩音系研究」によって東京大学の博士の学位を得た。研究・教務のかたわら、1960年に台湾青年社を結成し、雑誌『台湾青年』を発行した[1]。1973年には政治色のない在日台湾同郷会の副会長になった。1985年に心筋梗塞のために急死した。没後、その蔵書は東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所に寄贈された。

妻は王雪梅[4]、次女の王明理は台湾独立建国聯盟日本本部委員長、日本李登輝友の会理事などを務める[5]。2018年9月9日の命日に出身地である台湾南部の台南市に王育徳記念館が完成し、開館式が行われた。開会式に出席した93歳の妻は「この日を迎えられて夢のようです」と感慨を示した[1]

著作編集

王育徳の生前は著書を台湾で出版することができなかったが、のちに著作を中国語に翻訳した『王育徳全集』(前衛出版社1999-2002、全15冊)が出版された[6]

言語学関係編集

  • 『台湾語常用語彙』永和語学社、1957年。
    自宅を売り払って自費出版した。台湾語の語彙約5000語を集めた本。
  • 「中国の方言」『中国文化叢書 言語』大修館書店、1967年、407-446頁。
    「中国五大方言の分裂年代の言語年代学的試探」をより一般向けにまとめたもの。
  • 『台湾語入門』日中出版、1982年。
    台湾語の教科書。もと1972年に風林書房から自費出版したもの。
  • 『台湾語初級』日中出版、1983年。
  • 『台湾語音の歴史的研究』第一書房、1987年。ISBN 9784804204451
    王育徳の没後、博士論文を原稿のまま出版したもの。
  • 『王育徳の台湾語講座』東方書店、2012年。ISBN 9784497212177
    1960年から1964年まで『台湾青年』上に連載していた「台湾語講座」をまとめたもの。

政治関係編集

  • 『台湾 その苦悶する歴史』弘文堂、1964年。
    17世紀以来執筆当時までの台湾の歴史を台湾独立の立場から記しており、とくに戦後の国民党統治下の台湾について詳しく記す。1979年に東京で中国語に翻訳された。
  • 『台湾海峡』日中出版、1983年。
    戦後台湾の文学者と政治の関係を扱った著作。
  • 『昭和を生きた台湾青年──日本に亡命した台湾独立運動者の回想 1924─1949』草思社、2011年。
    遺稿をもとに、次女で台湾独立建国聯盟日本本部委員長の近藤明理によってまとめられた自伝。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g “台南に台湾独立運動家の記念館 亡命先の日本で生涯終える(産経新聞) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000544-san-cn 2018年9月9日閲覧。 
  2. ^ 改正前の外国人登録令15条による不服申立の訴えあるいは行政事件訴訟特例法による取消し訴訟と考えられる。現行法における退去強制令書発付処分取消請求訴訟に相当
  3. ^ 戸田敦也 (2002年9月20日). “Qさんライブラリー 第24回 処女作品、小説「密入国者の手記」の誕生です”. 邱永漢 公式ウェブサイト. 2015年4月17日閲覧。
  4. ^ 『台湾青年』創刊の思い出王雪梅、『台湾青年』500号、2002年
  5. ^ 【第12回台湾セミナー】 多田恵氏と王明理氏を講師に第12回台湾セミナー日本李登輝友の会、 2015年3月2日
  6. ^ 王育徳全集”. 前衛出版社. 2015年4月17日閲覧。

関連文献編集

外部リンク編集