生桑村

日本の広島県高田郡にあった村

生桑村(いけくわむら)は、広島県高田郡にあった。現在の安芸高田市の一部にあたる。

いけくわむら
生桑村
廃止日 1956年4月1日
廃止理由 新設合併
生桑村北村本村横田村美土里町
現在の自治体 安芸高田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
都道府県 広島県
高田郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 1,920
国勢調査、1955年)
隣接自治体 川根村、北村、本村、山県郡千代田町大朝町
鳥取県邑智郡出羽村阿須那村
生桑村役場
所在地 広島県高田郡生桑村大字生田字市
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理 編集

  • 河川:桑田川[1]、生田川[2]

歴史 編集

  • 1889年(明治22年)4月1日、町村制の施行により、高田郡生田村、桑田村が合併して村制施行し、生桑村が発足[1][3]
  • 1950年(昭和25年)4月1日、大字生田の一部を高田郡川根村に編入[3]
  • 1956年(昭和31年)4月1日、高田郡北村、本村、横田村と合併し、町制施行し美土里町を新設して廃止された[1][3]

地名の由来 編集

合併各村の頭字を組み合わせたもの[1]

産業 編集

  • 農業、林業[2]

教育 編集

  • 1908年(明治41年)生桑尋常小学校と桑田尋常小学校が統合され、生桑尋常小学校に改組[1]

脚注 編集

  1. ^ a b c d e 『角川日本地名大辞典 34 広島県』99頁。
  2. ^ a b 「生田〈美土里町〉」『角川日本地名大辞典 34 広島県』99-100頁。
  3. ^ a b c 『市町村名変遷辞典』47頁。

参考文献 編集

関連項目 編集