メインメニューを開く

田代 早紀(たしろ さき、1991年2月17日 - )は、日本卓球選手2018年より日本ペイントマレッツ所属[1]していたが、2019年から日本リーグの日立化成でプレイ。

近藤 早紀 Table tennis pictogram.svg
日本ペイントマレッツ
基本情報
よみがな こんどう さき
ラテン語表記 SAKI Kondo
生年月日 (1991-02-17) 1991年2月17日(28歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県の旗岡山県玉野市
選手情報
世界ランキング 最高83位(2014年7月)
段級位 5段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 馬龍5
フォア面ラバー 国狂3ブルースポンジ
バック面ラバー テナジー・05
戦型 右シェークドライブ型
ITTFサイト ITTFプロフィール
経歴
学歴 山陽女子中学校・高等学校
所属歴 日立化成
ITTFワールドツアー戦歴
生涯成績 206試合 120勝 勝率58%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 1
初-最終出場 2014
国内戦歴
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
世界卓球選手権
2014 東京 女子団体
アジア卓球選手権
2015 パタヤ 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

人物編集

1991年2月17日岡山県玉野市出身[2]。父親と兄が卓球をやっていたことから6歳でラケットを握る[2][3]。父がコーチをしている岡山市南区のななく卓球スポーツ少年団に入団し、兄、弟と共に腕を磨いた。小学校6年次には全国ホープス卓球大会岡山県代表として出場した経歴を持つ[4]

2004年に中高一貫校の山陽女子中学校・高等学校に進学、中学部時代に全国中学校卓球大会女子シングルスベスト16[3]、高等部進学後は2008年全国高等学校総合体育大会女子シングルスにて石川佳純四天王寺高等学校)に準決勝で敗れて3位になるなど[3][5]、全国大会でも好成績を収めている。

2009年に日本生命保険相互会社に入社、卓球部に所属。社会人となってからは2011年全日本社会人卓球選手権女子シングルスで決勝へ進み、同門(日本生命)の藤井寛子に敗れたが準優勝[6]、2011年度全日本卓球選手権大会では準決勝まで進み、準決勝で石川佳純(全農)に敗れたが3位に輝いた[7]

2013年12月に広島県立総合体育館で開催された第52回世界卓球選手権団体戦女子日本代表選考会大会では10人による最終リーグ戦に進み、石垣優香(日本生命)、加藤美優JOCエリートアカデミー)の2人と7勝2敗の同率で並んだが、石垣と加藤から勝ち星を挙げていた田代が当事者同士の対戦成績優先により1位となり、世界卓球選手権日本代表に内定した[8][9]

2014年3月1日開催のジャパントップ12卓球大会国立代々木競技場第二体育館)では石川佳純と福原愛全日本空輸)が欠場で不在であったが、リーグ戦で森さくら昇陽高等学校)に勝ち、準決勝で平野早矢香ミキハウス)に勝って決勝へ進み、平野美宇(JOCエリートアカデミー)との決勝では4-1で勝利してビッグ大会初優勝となった[10][11]

2014年5月、第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会)にて準優勝。

2017年4月、ビッグトーナメント優勝。

2018年2月、日本生命からTリーグ日本ペイントホールディングスに移籍[1]

2019年2月に近藤功成と結婚を発表、4月からは日本リーグの日立化成に移籍、また来年の全日本選手権を最後に引退を発表[12]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集