メインメニューを開く

田原村(たわらむら)は、かつて岐阜県加茂郡にあったである。村名は、かつてこの地域に存在した荘園の田原荘に由来する。現在の関市南部であり、津保川の南岸である。

田原村
廃止日 1950年10月15日
廃止理由 合併
現在の自治体 関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
加茂郡
隣接自治体 加茂郡坂祝町加茂野村富田村
稲葉郡鵜沼町各務村
武儀郡関町
田原村役場
所在地 岐阜県加茂郡田原村
 表示 ウィキプロジェクト

津保川流域は平野が広がるが、南側は標高300m前後の山(金毘羅山、迫間山、金山、向山など)が連なる[1]。古くから加茂郡より武儀郡との繋がりが深く、武儀郡関町と合併し市制施行。関市となった。

目次

歴史編集

村長編集

学校編集

神社・仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は通称「各務原アルプス」「関南アルプス」と呼ばれている。

関連項目編集