メインメニューを開く

田辺 一邑(たなべ いちゆう 1961年3月24日 - )は、講談協会所属の講談師。 古典講談をはじめ新作講談・童話・文学作品など、口演レパートリーは多数多彩。故郷浜松を中心に各地の偉人を次世代に語り継ぐシリーズなど、オリジナル講談の自作と口演も意欲的に手掛けている。

たなべ いちゆう
田辺 一邑
田辺 一邑.jpg
田辺 一邑
生誕 (1961-03-24) 1961年3月24日(58歳)
静岡県
出身校 横浜市立大学
職業 講談師

目次

人物編集

静岡県浜松市出身。本名は鳥井 由紀子[1](旧姓:渥美)。 静岡県立浜松北高等学校1979年卒業 。横浜市立大学文理学部文科・独語独文学専攻1984年卒業 。 大学卒業後、日航情報開発(株)を中心に10年以上に渡りシステムエンジニアとして企業に勤めた経歴を持つ。江戸文化歴史検定2級を持ち、はとバス「講談師と行く花のお江戸コース」「怪談コース」などでガイドを務める事がある。また各種の散歩ツアーでもガイド役[2]を行なっており、趣味はそのまま町歩き。出身地の静岡県浜松市には深い愛着を持っており、同市にゆかりある偉人達を講談にて自作し語り継いでいる。浜松市やらまいか大使に就任[3]

来歴編集

主なネタ編集

  • 古典アレンジ
  • 新作
  • 自作
    • キューポラの街物語(川口)
    • 二宮金次郎(小田原)
    • 十勝開拓の祖 依田勉三(伊豆・帯広)
    • 薬学の父 長井長義(徳島・ドイツ)

弟子編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 講談協会オフィシャルウェブサイト:田辺一邑”. 講談協会. 2010年3月8日閲覧。
  2. ^ 田辺一邑と徳川縁の増上寺などを歩く”. 銀座新聞ニュース. 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ 平成22年度「浜松市やらまいか大使」プロフィール”. 浜松市・浜松の元気. 2012年7月25日閲覧。
  4. ^ 日本の伝統工芸・伝統文化のポータルサイト「神業」講談師インタビュー”. 株式会社 イー・シー・エス. 2012年7月25日閲覧。

外部リンク編集