メインメニューを開く

田辺一鶴

田辺 一鶴(たなべ いっかく 1929年昭和4年)2月9日 - 2009年平成21年)12月22日)は、講談協会所属の講談師、同協会常任理事、監事。東京都出身。本名は佐久間秀雄[1]

たなべ いっかく
田辺 一鶴
田辺一鶴.jpg
田辺 一鶴
生誕 1929年2月9日
東京都
死没 (2009-12-22) 2009年12月22日(80歳没)
東京都
職業 講談師

目次

人物編集

顎と鼻の下に長く伸びた白いひげが特徴。「ひげの先生」で知られる。

主に新作講談を演じる。1964年、全てのオリンピック参加国名を読み上げる『東京オリンピック』で売れ、若年層にもファンを広げる[1][2][3]2001年ロサンゼルスにて口演した『イチロー物語』は高い評価を受け、以後4年連続で渡米する[3]。他にも『高橋尚子物語』、旧友でもある水木しげるの『水木しげる物語』等がある。水木のアパートに居候をしながら、水木の仕事を手伝っていた。

趣味は将棋でアマ五段[3]

2009年12月22日7時、肺炎のため東京都内の病院で死去。80歳没[2]

来歴編集

出演番組編集

ディスコグラフィー編集

  • ポークサラダ兄ィ/一鶴のある愛の詩(1972年、RCAレコード)
A面はトニー・ジョー・ホワイトポーク・サラダ・アニー英語版」の、B面はフランシス・レイある愛の詩」のカバー

弟子編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 講談協会オフィシャルウェブサイト:田辺一鶴”. 講談協会. 2010年3月8日閲覧。
  2. ^ a b 油井雅和 (2010年3月3日). “田辺一鶴さん:講談師:肺炎のため昨年12月22日死去80歳”. 毎日新聞: p. 13版、23面 
  3. ^ a b c d 田辺一鶴プロフィール”. 田辺鶴瑛. 2010年3月8日閲覧。

外部リンク編集