甲賀市立山内小学校(こうかしりつ やまうちしょうがっこう)は、滋賀県甲賀市土山町黒川にあった市立小学校。学校の統廃合により2017年(平成29年)3月閉校となった。

甲賀市立山内小学校
Koka-Yamauchi-ES.jpg
過去の名称 土山町立山内小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 甲賀市
閉校年月日 2017年3月
共学・別学 男女共学
所在地 528 0208
滋賀県甲賀市土山町黒川1536

北緯34度55分18.6秒 東経136度19分35.8秒 / 北緯34.921833度 東経136.326611度 / 34.921833; 136.326611座標: 北緯34度55分18.6秒 東経136度19分35.8秒 / 北緯34.921833度 東経136.326611度 / 34.921833; 136.326611
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

所在地編集

  • 滋賀県甲賀市土山町黒川1536

概要編集

鈴鹿峠の麓に位置する学校として、民謡「鈴鹿馬子唄」の教育も行われてきた[1]

甲賀市の学校再編計画により、土山小学校に統合される形で閉校となった[2]。あくまで、校舎を転用できるような形にするため「休校」ではなく「閉校」の措置が取られている[3]

沿革編集

1873年(明治6年)の時点で進道学校・黒滝学校・文盛学校・山原学校の4校が存在した。この4つの学校が統合されて1901年(明治34年)に「山内村立山内尋常小学校」となった[4]。そして、山内国民学校(1941年~)、山内村立山内小学校(1947年~)、土山町立山内小学校(1955年~)、甲賀市立山内小学校(2004年~)と変遷する[4]

2017年(平成29年)3月に143年の歴史に幕を閉じた[5]

2019年令和元年)9月20日、小学校の跡地利用に関してウイルステージ(滋賀県草津市)と甲賀市の間で基本協定が結ばれた[6]。校舎内の教室や体育館に水槽を設置し、ヒラメトラフグマスなどの陸上養殖が行われる予定である[6]

校区編集

閉校前は以下の地区の生徒が通学対象となっていた[7]

  • 土山町黒滝
  • 土山町黒川
  • 土山町笹路
  • 土山町山女原
  • 土山町山中
  • 土山町猪鼻

出典編集

  1. ^ 学校の特徴”. 甲賀市立山内小学校. 2017年10月23日閲覧。
  2. ^ 甲賀市教育委員会『甲賀市幼保・小中学校再編計画(基本計画)』(PDF)、2015年3月。
  3. ^ “「来春閉校」 市再編計画で初 児童、土山小へ 地域で議論重ね決定/滋賀”. 毎日新聞. (2016年12月7日). https://mainichi.jp/articles/20161207/ddl/k25/100/564000c 2017年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b 山内小学校の歴史 (PDF)”. 甲賀市立山内小学校. 2017年10月23日閲覧。
  5. ^ 2017年3月26日 山内小学校閉校式”. 甲賀市立山内小学校. 2017年10月23日閲覧。
  6. ^ a b 岡屋京佑 (2019年9月24日). “旧山内小をヒラメ養殖へ転用 甲賀市と県内企業が協定”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20190924/CK2019092402000009.html 2019年9月25日閲覧。 
  7. ^ 甲賀市立学校通学区域”. PDF. 甲賀市. 2017年10月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集