メインメニューを開く
本来の表記は「申雅嵐」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

申アラム(シン・アラム、英語: Shin A-lam朝鮮語: 신아람1986年9月23日 - )は、韓国忠清南道錦山郡出身の女子フェンシング選手。種目はエペ

獲得メダル

申アラム(2013年)
女子 フェンシング
大韓民国の旗 大韓民国
オリンピック
2012 ロンドン エペ団体
フェンシング世界選手権
2010 パリ エペ団体
ユニバーシアード
2013 カザン エペ個人
2011 深圳 エペ個人
2013 カザン エペ団体
アジア競技大会
2006 ドーハ エペ個人
2006 ドーハ エペ団体
2010 広州 エペ団体

経歴編集

2005年、錦山女子高等学校、2009年韓国体育大学校を卒業。2010年フェンシング世界選手権  フランスパリ)で韓国チームを銅メダルに導いた。

申はこれまで世界大会ではユニバーシアードでの金メダル2013年  ロシアカザン、エペ個人)を初めとして、銀メダル3個、銅メダル3個を獲得している。

ロンドンオリンピックでの誤審編集

申は2012年に  イギリスロンドンで開催されたロンドンオリンピックではエペで個人・団体ともエントリーしていた。

7月30日のエペ個人・準決勝で申はブリッタ・ハイデマン  ドイツ)と対戦した。5-5の同点で迎えた残り1秒、ハイデマンと打ち合いになったが僅かな隙を突いてハイデマンが得点を挙げた。この結果、申は5-6でハイデマンに敗れた。

ところが、この「残り1秒」を巡って申並びに韓国チームのコーチが猛抗議した。コーチは「残り1秒の時間が長かった。タイムの進め方に問題があった」と審判団に詰め寄った[1]。一方で申も「試合終了時間は過ぎていた」と判定に不服を持ち[2]、涙を浮かべながらピスト(競技台)の上に1時間以上座り込んだが判定は覆らず、結局申は決勝進出を逃した。そして、申は3位決定戦でも孫玉潔  中国)に11-15で敗れメダル獲得はらなかった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集