メインメニューを開く

男鹿高原駅

日本の栃木県日光市にある野岩鉄道の駅

男鹿高原駅(おじかこうげんえき)は、栃木県日光市横川にある野岩鉄道会津鬼怒川線。標高759.7メートルに位置する[1]

男鹿高原駅
駅舎(2007年4月)
駅舎(2007年4月)
おじかこうげん
Ojika-kōgen
所在地 栃木県日光市横川680-5
所属事業者 野岩鉄道
所属路線 会津鬼怒川線
キロ程 25.0km(新藤原起点)
電報略号 オカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
0.96人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1986年昭和61年)10月9日
テンプレートを表示
男鹿高原駅ホーム(2011年10月)
男鹿高原駅前広場緊急ヘリポート

会津鬼怒川線内で唯ー、快速「AIZUマウントエクスプレス」の全列車が通過する駅であるが、特急「リバティ会津」は半数程度停車する。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅で、ホームは掘割内にある。

利用状況編集

2016年度の年間乗車人員は352人である[2]。したがって、同年度の一日平均乗車人員は0.96人であり、野岩鉄道線内では最も乗車人員が少ない駅である。

近年の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員[2]
年度 乗車人員 一日平均
乗車人員
2008年(平成20年) 509 1.39
2009年(平成21年) 881 2.41
2010年(平成22年) 393 1.08
2011年(平成23年) 327 0.89
2012年(平成24年) 365 1.00
2013年(平成25年) 289 0.79
2014年(平成26年) 363 0.99
2015年(平成27年) 272 0.74
2016年(平成28年) 352 0.96

駅周辺編集

国道121号線「お土産センターよこかわ」より西へ約300メートル。駅前は細い道路があるのみであり、駅から出て道路を右に少し進むと野岩鉄道の男鹿高原変電所、さらに進むと男鹿高原駅前広場緊急ヘリポートがある。

民家がなく周辺施設も僅少であるため、いわゆる「秘境駅」の一つに挙げられている。ただし、野岩鉄道の列車は1時間に1本程度運転され、特急「リバティ会津」の一部など浅草駅からの直通列車もあるため、到達は困難ではない。


歴史編集

隣の駅編集

野岩鉄道
会津鬼怒川線
快速「AIZUマウントエクスプレス
通過
普通
上三依塩原温泉口駅 - 男鹿高原駅 - 会津高原尾瀬口駅

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集