白島 (広島市)

日本 > 中国地方 > 広島県 > 広島市 > 中区 (広島市) > 白島 (広島市)
寛永年間の広島の絵図(『概観広島市史』より)。箱島の地名が確認出来る。
寛永年間の広島の絵図(『概観広島市史』より)。箱島の地名が確認出来る。
正保年間に書かれた『安芸国広島城所絵図』
正保年間に書かれた『安芸国広島城所絵図』
1945年米軍作成の広島市地図。"HAKUSHIMA"が確認できる。なお一部1930年代の情報で書かれている地図であるため必ずしも正確ではないが、戦前の町割や当時は今より細道だった白島通り、広電白島線の路線状況などがわかる。
1945年米軍作成の広島市地図。"HAKUSHIMA"が確認できる。なお一部1930年代の情報で書かれている地図であるため必ずしも正確ではないが、戦前の町割や当時は今より細道だった白島通り、広電白島線の路線状況などがわかる。

白島はくしま)は、広島市中区に位置する地区である。

目次

概要編集

画像外部リンク
アメリカ国立公文書記録管理局が所有する米軍撮影写真。
  Hiroshima aerial A3367写真中央右が白島。
  Hiroshima aerial A3408写真中央が広島城で、その右下側が白島。

作家の阿川弘之によれば「白島のもとの地名は箱島、太田川の三角洲の北辺に位置し、閉鎖的な芸州広島藩城下町の中でも特に因循閉鎖的な、それこそ箱で囲つたやうな狭い古くさい地域であつた。白島西中町とか、白島九軒町とか、幾つかの小区画に分れて町制を敷いてゐるが、川一つ越すと牛田村になる。」という[1]

地理・歴史編集

広島県を流れる太田川河口部位置している。

元々は「箱島」と呼ばれた小さな島であった。広島が五箇庄といわれていた寒村の頃に、現在の太田川デルタはほぼ海中であり、現在丘の部分がデルタに点在していた島々であった。白島の他に現在の中区江波(えば)江波山及び江波皿山は江波島(えばじま)、南区黄金山(おうごんざん)が仁保島(にほじま)、比治山が日地島(肘山・ひじやま)と呼ばれていた。

隣接している地区編集

地名編集

地名の由来編集

白島(はくしま)
白島が島だったころの箱島に由来している

「広島」の地名の由来とする説編集

  • 広島は16世紀末から、太田川河口を埋め立てて建設された人工都市であるが、その地名の由来は、現在でも定説が無い。現在ではほとんど取り上げられないが、「白島は、かつて“しろしま”と読み、これがなまって“ひろしま”になった」という俗説が、かつてあった。
  • 昭和20年代までは、実際に白島を「しろしま」と言う人が少なからずおり、この説を信じる人もいたが、前述の通り「白島」は元は「箱島」であり、信憑性の無い俗説と言わざるを得ない。

住居表示編集

  • 白島北町(はくしまきたまち)
  • 白島中町(はくしまなかまち)
  • 西白島町(にしはくしまちょう)
  • 東白島町(ひがしはくしまちょう)
  • 白島九軒町(はくしまくけんちょう)

施設編集

公共施設編集

商業施設編集

教育機関編集

公園編集

交通編集

鉄道編集

路面電車の沿革編集

 
白島線車内より眺めた白島界隈
  • 八丁堀から東白島まで延びる広島電鉄白島線は、広島電鉄本線とともに広島電鉄の創業路線として開業し、原爆投下後は現在の白島通りに移設し再開した。長らく単独路線であった白島線だが、創業から101年後の2013年江波電停までの直通運転が開始された。現在は牛田方面などへの延伸が検討されているが、実現されるにはかなりの時間がかかるとみられている。

道路編集

国道54号線 ほか

橋梁編集

本川京橋川の分岐点より京橋川側のやや下流に位置する市内唯一の吊り橋。1889年明治22年)、白島町北端に駐屯する陸軍工兵第5連隊が、牛田村内の作業所との連絡のため架設した。現在の橋は戦後架け替えられたものである。
京橋川対岸の白島地区とを結ぶ位置にある。1664年寛文4年)に初めて築造され、地区内で現存する橋の中では最古の歴史をもつ。対岸の牛田村に神田神社があったことに由来し、神田神社は現在、広島市南区宇品に鎮座している。広島城下では唯一街道筋(西国街道雲石街道)以外に架けられた橋であった。

出身人物・ゆかりのある人物編集

注釈・出典編集

  1. ^ 阿川弘之『亡き母や』 35頁

関連項目編集

外部リンク編集