メインメニューを開く

益川 満育(ますかわ まいく、1950年10月19日- )は、大阪府大阪市西成区出身の元プロ野球選手内野手)。本名は上記と同じだが、下の名前の読みは「みつよし」である。

益川 満育
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市西成区
生年月日 (1950-10-19) 1950年10月19日(68歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1971年 ドラフト4位
初出場 1973年6月3日
最終出場 1979年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

地元の興國高では、1968年外野手兼控え投手として春夏ともに甲子園に出場。春の選抜では、1回戦で仙台育英高校に、9回サヨナラ負けを喫した。この試合では、同期のエース・丸山朗(早稲田大大昭和製紙)をリリーフし甲子園初登板[1]夏の選手権では、丸山の3試合連続完封という快投もあり決勝に進出。新浦寿夫を擁する静岡商業高校を接戦の末降し、全国制覇を果たした。この大会では益川自身もヒットを放ち、チームの勝利に貢献している。また準決勝の興南高校との対戦では、前半の大量得点もあり、丸山をリリーフして春夏連続登板を果たす[2]。丸山以外の高校同期に外野手の山田敏彦、1年下に一塁手岡本一光がいた。

高校卒業後は、近畿大学に進学するも中退し、社会人野球日本熱学に入団。同社でも外野手として活躍した。

1971年11月、プロ野球ドラフト会議ヤクルトアトムズからドラフト4位で指名されてプロ入りを果たす。

プロ入り後、内野手に転向し、主に三塁手遊撃手として起用された。1973年から2年連続でイースタン・リーグのベストナイン(三塁手)に選出され、1974年ジュニアオールスターにも出場。1975年には一軍に定着し、永尾泰憲とレギュラー遊撃手を争う。同年は57試合に先発出場、2本塁打も記録した。しかし翌年には水谷新太郎渡辺進が台頭、出場機会が激減する。

1976年オフ、伊勢孝夫との交換トレードで近鉄バファローズに移るも出番は少なく、1978年暮れに自由契約選手となる。1979年は西武ライオンズに在籍したが、5試合のみの出場に留まり、同年を最後に現役を引退した。

守備力に大きな難があり、西武球場こけら落としとなった1979年4月14日の日本ハムファイターズ戦に九番打者、遊撃手としてスタメンに名を連ねたものの、試合序盤からエラーを連発し、結局この試合がプロとして最後の一軍試合出場となった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1973 ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1974 21 46 40 4 8 1 0 1 12 4 1 0 0 0 3 0 3 8 1 .200 .304 .300 .604
1975 79 234 215 22 55 10 2 2 75 12 2 2 1 3 13 0 2 37 4 .256 .300 .349 .649
1976 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1977 近鉄 16 15 13 3 3 0 0 1 6 1 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .231 .333 .462 .795
1979 西武 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 125 303 276 29 66 11 2 4 93 17 3 2 1 3 18 0 5 49 5 .239 .295 .337 .632

記録編集

背番号編集

  • 48(1972年 - 1975年)
  • 42(1976年)
  • 30(1977年 - 1978年)
  • 46(1979年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集

外部リンク編集