メインメニューを開く

伊勢 孝夫(いせ たかお、1944年12月18日 - )は、兵庫県三田市出身の元プロ野球選手内野手)・野球指導者、野球解説者

伊勢 孝夫
20111015 Takao Ise,coach of the Tokyo Yakult Swallows, at Yokohama Stadium.jpg
2011年10月15日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県三田市
生年月日 (1944-12-18) 1944年12月18日(74歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1963年
初出場 1967年4月22日
最終出場 1980年6月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

愛称は「伊勢大明神」、「お伊勢さん」。

目次

経歴編集

三田学園高校(同期に渡瀬恒彦、2年上には久代義明がいる)卒業後の1963年近鉄バファローズに投手として入団したが、1966年に野手転向し[1]、一軍初出場は5年目の1967年であった。1969年には、退団したトニー・ロイに代り一塁手の定位置を獲得、主に五番打者として起用され16本塁打を放つ。1971年には自己最多となる28本塁打を記録。1972年には初の規定打席(24位、打率.257)に達する。その勝負強い打撃と名字から上記の愛称で呼ばれた(名付けたのは当時監督であった三原脩)。1974年にはクラレンス・ジョーンズが移籍入団し、ポジションを譲るが、その後も準レギュラーとして活躍。

1977年益川満育との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。主に代打として起用される。1978年には大杉勝男の控え一塁手としてリーグ初優勝に貢献。7月10日読売ジャイアンツとの対戦では1回に鈴木康二朗の死球を巡り両チームの選手が大乱闘を演じ、その後顔面に自打球を受けた大杉に代り途中出場するが、堀内恒夫から死球を受け退場、救急車で病院に搬送され一時は騒然となる。同年の日本シリーズでも2試合に代打として起用され、第4戦では9回表に逆転勝ちのきっかけとなる内野安打を放った。1980年限りで現役引退。

引退後はヤクルト打撃コーチ(1981年から1982年は二軍・ 1983年-1986年1989年-1995年は一軍)、1987年広島東洋カープの一軍外野守備・走塁コーチに就任し翌1988年は一軍打撃コーチを務めた。二度目のヤクルト打撃コーチ時代には監督の野村克也の下で3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献した。監督の佐々木恭介に請われて、1996年に一軍ヘッド兼打撃コーチとして近鉄に復帰し2000年から2001年までヘッドコーチを務め2001年のリーグ優勝に貢献している。2002年から2004年まで近鉄編成本部長を務め、 2005年オリックス・バファローズ調査担当、2006年巨人のスコアラー、翌2007年は一軍打撃コーチ補佐を務めた。

巨人にはヤクルト時代に培ったデータ分析の腕を買われて入団し、2007年には当時NPB全12球団最低だったチーム打率をトップに押し上げるなど、5年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献したが、チームの「コーチ陣の若返り」という方針の下に、内田順三とともに契約解除された。

巨人時代は、代打満塁本塁打を打った矢野謙次に配球を学ばせていた。また、不調だった李承燁に請われ特製の「伊勢ノート」を作ったが、通訳が韓国語に訳そうと自宅に持ち帰った際に紛失されてしまったという。退団後、純粋に打撃コーチとしての腕のみを期待されての入団であり、当初期待されていたと思われた「ID野球」が軽視されていたことを不満に漏らしている。その一方でクライマックスシリーズの「先発読み違え事件」(小笠原孝を参照)がマスコミの誤報であったと主張し、首脳陣や李に叱咤激励を送っている。

2008年、ヤクルトのコーチに就任する大田卓司の後任として韓国プロ野球SKワイバーンズの打撃コーチに就任。当初は一軍を担当し、2008年の2年連続公式戦優勝、韓国シリーズ優勝に貢献したが、2009年7月に打線の不振により二軍総合コーチの正田耕三と交代し、二軍に配置転換となりシーズン終了まで同コーチを務めた。

2010年からTwellV プロ野球中継解説者を務める他、東京スポーツ専属評論家として寄稿を行っていた。5月23日からはヤクルトの打撃陣の立て直しのため、東京ヤクルトスワローズの打撃アドバイザーに就任した。当面は評論活動をしながらの指導で、関東地区限定で二軍を含めて担当し、8月1日から正式に一、二軍を巡回する打撃コーチに就任した[2]。 2011年からは一軍総合コーチを務め、2013年からはヒッティングコーディネーターを務める。 同年10月23日、2014年シーズンより二軍打撃コーチに就任することが発表された[3]。2015年9月27日に来季の契約を結ばないと発表された[4]

2016年からは大阪観光大学野球部のベースボールアドバイザーを務める一方、松竹芸能とマネジメント契約を結び、野球解説者・評論家としても活動している。

人物編集

安打数に対する本塁打率が高く、1969年は73安打中16本塁打、1971年には84安打中28本塁打を記録している。このことが上記のあだ名が付けられるきっかけとなっている。1971年10月3日の対南海ホークス戦では3打席連続本塁打も記録している。

近鉄在籍時の1969年5月18日、対阪急ブレーブス戦でジムタイルが本塁打を放ったが、両足に故障を抱えていたジムタイルが一塁に到達する前に肉離れを起こしてしまい、審判団が走行困難とみて代走の起用を認めた。その代走に伊勢が起用され、伊勢がベンチから打席に向かい、そこからダイヤモンドを一周した。その結果、本塁打・打点はジムタイルに記録されるものの伊勢に得点1が記録された(なお、この年のジムタイルは本塁打8、得点7という珍記録を残している)。本塁打の代走が認められた日本プロ野球第1号選手である(2例目は中日ドラゴンズ山口幸司。1991年6月18日の対横浜大洋ホエールズ戦での彦野利勝の代走)。

ホームインした際、阪急の捕手・岡村浩二に「ホームランを打った気分はどうだい?」と冷やかされたが、その後伊勢が本塁打を放ち、今度は自分の本塁打で本塁を踏んだ。試合は伊勢の本塁打が決勝点となり近鉄が勝った。

広島コーチ時代の1987年5月2日、対中日戦で乱闘騒ぎとなった際に、中日監督の星野仙一共々退場処分を受けた[5]

外国人選手のプライドを傷つけずに、かつ的確な指導をする。ヤクルトコーチ時代の1992年、前半戦にスランプに陥ったジャック・ハウエルをオールスターゲーム期間中につきっきりで指導して後半戦の大爆発につなげたり、近鉄コーチ時代はタフィ・ローズフィル・クラーク[6]に打撃に関して的確な指導をしていた。そのローズからは「日本のお父さん」と慕われ、伊勢のコーチ退任後も、ローズが不振に陥れば伊勢に指導を請うこともあった。またクラークも引退後コーチになり、指導する際に伊勢から教わったことを元に指導しているという。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 近鉄 27 32 32 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 12 0 .094 .094 .125 .219
1968 98 200 188 16 48 7 2 1 62 14 8 2 1 1 8 0 2 36 4 .255 .291 .330 .621
1969 105 308 280 32 73 8 2 16 133 53 2 3 4 1 18 1 5 32 11 .261 .316 .475 .791
1970 100 291 269 19 64 13 2 4 93 26 5 1 8 1 12 0 1 50 4 .238 .272 .346 .618
1971 112 400 365 49 84 7 1 28 177 64 8 8 0 4 26 2 5 47 12 .230 .288 .485 .772
1972 117 411 374 48 96 18 0 14 156 48 10 10 8 2 25 1 2 39 9 .257 .305 .417 .722
1973 93 255 238 32 63 12 1 7 98 23 3 3 1 1 15 0 0 36 4 .265 .307 .412 .719
1974 74 92 81 11 15 2 0 4 29 10 0 0 0 1 9 1 1 18 1 .185 .272 .358 .630
1975 78 241 217 28 61 7 2 7 93 30 1 1 5 1 17 1 1 26 5 .281 .335 .429 .763
1976 66 122 113 11 23 1 0 5 39 13 0 0 0 0 9 1 0 27 4 .204 .262 .345 .607
1977 ヤクルト 58 67 66 2 18 1 0 1 22 11 1 0 0 0 1 0 0 16 2 .273 .284 .333 .617
1978 73 73 61 4 16 0 0 2 22 16 0 0 0 0 10 1 2 6 2 .262 .384 .361 .744
1979 35 36 35 2 5 0 0 1 8 5 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .143 .167 .229 .395
1980 6 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .167 .167 .167 .333
通算:14年 1042 2534 2325 254 570 77 10 90 937 313 38 28 27 12 151 8 19 357 58 .245 .295 .403 .698

記録編集

背番号編集

  • 55 (1963年 - 1967年)
  • 36 (1968年)
  • 9 (1969年 - 1976年)
  • 37 (1977年 - 1978年)
  • 10 (1979年 - 1980年)
  • 78 (1981年 - 1986年、1989年 - 1999年)
  • 79 (1987年 - 1988年)
  • 82 (2000年 - 2001年)
  • 71 (2007年)
  • 81 (2008年 - 2015年)

メディア出演編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 永田雅一の“見切り発車”はまたも失敗/週ベ回顧
  2. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20100731-00000033-kyodo_sp-spo.html
  3. ^ 2014年コーチングスタッフについて
  4. ^ 伊勢アドバイザーが退団=プロ野球・ヤクルト時事ドットコム
  5. ^ もはや格闘技!? プロ野球「伝説の乱闘」10番勝負 - livedoor NEWS 2017年10月9日 20時0分配信
  6. ^ 実兄・ジェラルドも、1994年にヤクルトで伊勢の指導を受けた。
  7. ^ 出演した水曜日には、松竹芸能の同僚にあたる7代目笑福亭松喬がパートナーとしてレギュラー出演。