メインメニューを開く

相模原市立大沢中学校(さがみはらしりつ おおさわちゅうがっこう)は、神奈川県相模原市緑区大島に所在する公立中学校

相模原市立大沢中学校
Ohsawa junior high school Sagamihara Japan.jpg
過去の名称 相模原町立大澤中学校
相模原町立大沢中学校
国公私立 公立学校
設置者 相模原市
設立年月日 1947年(昭和22年)4月30日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 252-0135
神奈川県相模原市緑区大島1800
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

相模原市立大沢中学校は体育祭及び文化祭的行事を総称して「沢中祭」と呼ぶように、「沢中」(さわちゅう)の略称で親しまれている。相模原市(当時は相模原町)内で学制改革と同時に設立された9校の新制中学校のうちの一つであり、2010年度で創立から63周年を迎えた。

「環境は人をつくる その環境は人がつくる」という校訓があり、緑化活動、環境整備(あるいは、意図して環境整とも)、地域クリーン活動などにも力を入れている。また、園芸部が存在する。

沿革編集

経緯編集

年表編集

  • 1947年5月5日 - 相模原町立大澤小学校校舎を借用し相模原町立大澤中学校創立
  • 1948年1月30日 - 大沢中学校PTA発足
  • 1948年4月1日 - 新字体への切り替えのため相模原町立大沢中学校に改称
  • 1951年5月16日 - 現在の住所に校舎を移転
  • 1954年11月20日 - 相模原町の市制移行に伴い校名を相模原市立大沢中学校に改称
  • 1958年4月1日 - 校旗・校章制定
  • 1959年12月 - ミルク給食開始
  • 1961年3月13日 - 校歌制定
  • 1962年2月19日 - 学校給食開始
  • 1976年3月3日 - 完全給食廃止、再びミルク給食へ
  • 1976年4月1日 - 生徒数の増加に伴い相模原市立内出中学校が分立する
  • 1986年11月8日 - 全国花いっぱいコンクール中央審査で最優秀賞(内閣総理大臣賞)を受賞
  • 1986年11月13日 - 日本PTA全国協議会会長賞を受賞

通学区域編集

相模原市立大沢中学校の通学区域は以下の通りである。 但し、次の印のついた区域あるいはその付近においては、相模原市の指定変更許可制度に基づき、その指定外の学校に変更することができる。

  • ■ 相模原市立田名中学校
  • ◆ 相模原市立上溝中学校
  • ● 相模原市立旭中学校(相模原市立橋本小学校卒業)
  • ▲ 相模原市立清新中学校(相模原市立作の口小学校卒業)

相模原市緑区編集

大島
  • 1408~1513
  • 1518~1524
  • 1536~3178■
  • 3190~3254
  • 3263-1
  • 3266~3338
  • 3340~3377
  • 4131~4796
上九沢
  • 177~392
橋本台
  • 1-25●
  • 1-27●
田名
  • 2179~2210
  • 2215~2217
  • 2247~2274
  • 2338
  • 2341
  • 2342-1
  • 2342-4
  • 2342-5
  • 2345~2391
  • 2395-2
  • 2421~2424
  • 2431~2457-2
  • 2520~2522
  • 2523
  • 2524
  • 2525
  • 2526~2529
  • 2563~2622
  • 2630~2637-5
下九沢
  • 481~485◆
  • 532~538◆
  • 542~627◆
  • 628~648-1
  • 648-2◆
  • 648-3~648-4
  • 648-7◆
  • 648-8
  • 648-9◆
  • 648-10
  • 648-14
  • 648-16~648-18◆
  • 648-20◆
  • 648-22◆
  • 649~653◆
  • 654~675◆
  • 676~678-1◆
  • 678-2
  • 679~699◆
  • 700~722
  • 1171~1177
  • 1230~1666-25
  • 1667~1684
  • 1685~1696●
  • 1697~1701
  • 1702~2361
  • 2389~2398-1
  • 2398-5~2398-17
  • 2403~2405

相模原市中央区編集

田名
  • 2460-3
  • 2461-3
  • 2463-3
  • 2463-4
  • 2463-10
  • 2463-11
  • 2494-2~2517
  • 2623~2629
  • 2642~2975
  • 3496~3533
  • 3565~3588
下九沢
  • 27~29
  • 1101~1120
  • 1141~1144▲
  • 1148
  • 1155~1158
  • 1159~1169▲
  • 1170
  • 1178~1182
  • 1183~1200▲

学校行事編集

  • 激励会
例年は7月頃に行われる。中体連総合体育大会などさまざまな部活動の大会などへ参加する生徒を激励し、活躍を誓い合うための会。各部が意気込みを表す。
  • 沢中祭(体育の部)
リレーや応援合戦といったさまざまな競技を赤・青・白の3つのブロックに分かれ得点を競う。ブロックは、抽選により各学年それぞれ2クラスずつで3ブロックに分かれる。1980年代には学級数が32までに達し、その頃は7色のグループに分かれていたこともあった。例年は9月頃行われる。
  • 沢中祭(文化の部)
市民会館で合唱コンクールを行う。全校合唱、学年合唱、クラス合唱があり、クラス合唱では教員や生徒(各クラスから1名、審査員として立候補する(が審査し、最優秀賞・優秀賞を決める。1995年度までは体育館で各学年ごと発表だった。また、その頃までは「展示の部」が存在していたり、ダンスの披露があったりもした。2006年度からは合唱部の発表が行われるようになり、2007年度からは吹奏楽部の発表も行われるようになった。また、英語のスピーチ発表、美術作品の展示なども行われるようになり、文化の部を合唱のみでないものにする取り組みが進んでいる。
  • 百人一首大会
例年3学期に行われる。各学年ごとに行われ、百人一首で個人でとった枚数や、クラスでとった平均枚数を競う。
  • 球技大会
例年3学期に行われる。サッカーやバスケットボール、ドッジボールなどの球技で各学年ごとにクラス対抗試合をする。
  • お昼のコンサート
2009年度は、昼休みを利用してプロの演奏者や生徒による音楽の発表会が3回行われた。
  • レクリエーション大会
他、学級委員会などの取り組みにより、大縄跳びや二人三脚など、さまざまなレクリエーションが行われることも多い。

校外活動編集

  • 若あゆ(1年生)
例年は、相模原市立相模川自然の村野外体験教室(通称:ビレッジ若あゆ)を利用し、宿泊棟で2泊3日する。クラスでテーマを決めるなどして、体験活動やレクリエーションをする。
  • 演劇教室(1年生)
  • 遠足(2年生)
例年は、横浜へ日帰りの班別自主行動をする。2006年度以降は横浜と鎌倉が選択できるようになっている。
  • 職業体験(2年生)
  • 修学旅行(3年生)
例年は、京都・奈良へ行き2泊3日する。2007年度と2009年度には平和学習の一環として広島にも行っている。

1970年度は万国博覧会に行っている。

その他、地域クリーン活動などもある。

生徒会活動編集

大沢中学校の生徒会は在学する全校生徒によって構成される。生徒総会を最高決議機関とし、その下に生徒会本部や委員会などがある。2010年5月1日現在、以下の生徒会組織がある。

  • 生徒会本部

会長1名、副会長3名(2年生2名、1年生1名)、書記4名(2年生2名、1年生2名)から組織される。

  • 特別委員会
特別委員会は専門委員会と異なり、本部や学級からの提案をうけて評議会の承認の後、本部の指導の下で活動する。
  • 選挙管理委員会
  • ブロックリーダー
沢中祭体育部門の準備・運営などを行う。
  • 生徒会事務局
2006年6月16日に行われた生徒総会によって設置が決議された。生徒会本部の補助的な役割をする。
  • 評議会
本部役員・学級委員・各専門委員長、必要に応じて部長会議長から組織される。
  • 専門委員会
  • 生活委員会
  • 厚生委員会
  • 放送委員会
  • 緑化委員会
  • 合唱委員会
以前は特別委員会であったが、2006年6月16日に行われた生徒総会により特別委員会から専門委員会となった。
  • 学年学級委員会
  • 学年プログラム委員会
学級委員のほかに学級の班長や専門委員会の学年代表などで組織される。
  • 部長会
各部の部長・副部長、本部役員2名で組織される。生徒会規約で定められているが、生徒会組織図では点線で区切られており、生徒会に含まれるかについては見解が分かれる。

部活動編集

大沢中学校には、2010年4月現在、以下の部活動がある。

運動部
  • 野球(男子)
  • ソフトボール(女子)
  • サッカー(男子)
  • ソフトテニス
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 卓球
  • バドミントン
  • 剣道
  • 陸上競技
  • 柔道
文化部
  • 吹奏楽
  • 合唱
  • 美術
  • 園芸

2006年度、部員数の減少や大会への参加校数の減少などの理由により器械体操部が廃止された。 2007年度、以前から休部となっていた演劇部が廃止され、バスケットボール部(女子)とクラブ扱いだった柔道部が新設された。

相模原市立大沢中学校水泳部事故事件編集

1986年5月24日、当時中学3年生の水泳部男子生徒が放課後にスタート台からプール(水深110cm、スタート台から水面まで58cm)への飛び込み練習中、プールの底に頭を強く打ち頸椎を骨折し8ヶ月入院、完全四肢麻痺が残る事故があった。両親は水深の浅いプールの構造と部の顧問の不注意に問題があるとして学校を設置した相模原市に対し2億1千万円の損害賠償を求める裁判を起こした。1992年3月9日、横浜地裁は原告の訴えをほぼ全面的に認めて、市に約1億円の支払いを命じるという事態となった。現在、大沢中学校に水泳部は存在しない。

約束事編集

  • 学校のきまり
時間や服装を守ることなど、基本的な5つの項目を学校のきまりと規定している。
  • わたしたちの約束
1996年から校則検討委員会、および学級委員会や生徒総会で話し合われた結果、1997年12月11日に施行された。これは一般的に校則とよばれるものであるが、生徒の手で作られたということで「~しよう」というような呼びかけのような文面になっている。内容は主に学校生活や服装、持ち物についてである。2004年6月17日の生徒総会でペットボトルの持ち込みが許可され、2005年12月20日の臨時生徒総会で黒・紺色の靴下の着用が許可された。
  • 大沢中学校部活動規約
部活動をより良いものとし、部員同志の友情を深め、大沢中学校全ての活動を誇りあるものとする為に規定されている。
  • 大沢中学校生徒会規約
1970年11月1日施行。生徒会の組織になどについて規定されている。
  • 図書室使用規定
図書室の利用のしかたなどについて規定されている。
  • 保健室使用規定
保健室の利用のしかたなどについて規定されている。
  • ストーブ使用規定
ストーブの使用について規定されている。

学年・クラス編集

2010年5月1日現在、大沢中学校には第1学年から第3学年それぞれ6クラスの計18クラスに加え、障害がある生徒などのためのあじさい学級(支援学級)4クラスがある。現在、クラスは数字であるが、アルファベットだった時代もあった。 学年ごとの名札・上履きなどの色は学年色の赤・緑・青の三色のいずれかで指定される。以前は体操着も学年色であったが、2009年度の改正に伴い全学年共通となった。 学年色は年度が変わると同時に1年生の色が2年生、2年生の色が3年生、3年生の色が1年生、といった具合に入れ替わるため在学中の3年間、自分の学年色は同じである。

2010年度は1年生が青、2年生が緑、3年生が赤。2011年度は1年生が赤、2年生が青、3年生が緑となる。

建物・設備編集

校舎編集

創立当初は、相模原町立大沢小学校の1棟を借用していた。 1951年、現住所に位置する2階建ての木造校舎に移転。その後特別教室の設置や増築がされたが、鉄筋校舎への建て替えが決まり、1974年から順次プレハブ校舎に移ったのち、1978年にB棟、1980年にA棟、1981年にC棟が完成した。 校舎はいずれも3階建てである。これらの棟はちょうど東西方向に建っており、北の棟から順にC棟、A棟、B棟である。 特別教室を除く大半の教室に扇風機とファンヒーターが取り付けられている。特別教室などでは、石油ストーブを用いる部屋もある。テレビは以前から各教室にあったが、近年になって新しい薄型液晶テレビが導入された。 校舎の老朽化に伴って、筋交いを入れるなどの耐震補強がなされた。

A棟編集

1974年12月1日着工、1977年7月21日西側部分完成。1979年6月25日着工、1980年3月20日東側部分完成。2000年10月12日、耐震工事完了。3棟のうち中央に位置し、最も大きい。

  • 職員室
  • 事務室
  • 保健室
  • 図書室
  • 視聴覚室
  • 放送室
  • 会議室
  • 資料室
  • 更衣室
  • その他普通教室

B棟編集

1970年2月24日着工、1970年8月31日東側部分完成。1973年5月10日西側部分完成。 最初に建て替えられた校舎のため、しばらく「新校舎」と呼ばれていた。 1998年9月30日、耐震工事完了。

  • 第一音楽室
  • 第二音楽室
  • 第一美術室
  • 第二美術室
  • 生徒会室
  • その他普通教室

C棟編集

1980年7月1日着工、1981年3月25日完成。 2005年8月31日、耐震工事完了。現在は特別教室の棟で、普通教室は無い。

  • 第一理科室
  • 第二理科室
  • 木工室
  • 金工室
  • 調理室
カレーの調理実習以降、通年カレーの臭いがとれない状態が続いている。
  • 被服室
  • PC教室
1988年9月30日設置。1997年6月30日改築、新機種導入(NEC,Windows95)。2005年9月14日新機種導入(FUJITSU,WindowsXP)。
  • LL教室
1994年3月1日設置。視聴覚室とは別に設置されている。各席にヘッドホンマイクやリスニング機械、スクリーンと投影機がある。LL教室のLLとはLanguage Laboratory(語学実習室)の略であり、主に英語の授業に使われる。

体育館編集

1966年3月7日完成。1987年2月20日入り口部分などを増改築。

格技場編集

体育館の入り口2階部分にある。体育館改築時につくられた。

プール編集

1963年6月30日完成。B棟の北側にあり、現在に至るまでずっと同じ場所である。 1964年7月1日更衣室完成、1997年6月30日改修。

ビニールハウス編集

1963年10月1日完成。 その後、建て替えに伴い消滅したが、1990年10月28日再造。 B棟の北、プールの横にある。

グラウンド編集

1984年拡張。

球技用コート編集

木造校舎時代には現B棟が位置する場所にあった。現在では校地拡張の際に拡張された最も東側の部分にある。

駐車場編集

C棟西側にある。

かつて存在した建物・設備編集

  • 農具舎
  • 畜舎
  • 塵芥焼却場

服装編集

現在、服装に関しては「学校のきまり」や「私たちの約束」で規定されている。但し、名札についての項目は一切存在しない。

制服(標準服)編集

大沢中学校の制服は、設立後2回変わった。 現在、制服は「私たちの約束」内において「標準服」と表現されている。男子の夏服は角襟ワイシャツに黒い長ズボンで、冬服はその上から学生服を着用する。左襟に校章をつける。女子の夏服は丸襟ワイシャツに紺スカートで、赤色の棒ネクタイをつける。冬服はその上から紺ブレザーを着用し、左胸のポケット部分に校章を取り付けた紺のワッペンを安全ピン等でつける。 設立当初は、男子制服には学生帽が存在し、女子は白いスカーフのセーラー服であった。その後1960年頃に学生帽が無くなり、女子も夏服はベスト、冬服はブレザーに変わった。当時はネクタイ等は無く、夏服のベストが無くなり現在のようになったのは1985年頃からである。

体操着編集

2008年までは胸に学年色の名前(フルネーム)の刺繍が入っており、襟袖も学年色であった。半袖シャツ・ハーフパンツの上から着る為の長袖のジャージがあったが、時代が進んで行くとともに袖口が絞ってあるデザインが生徒に不評となり改正が検討されるようになった。2008年度の合唱コンクールの際には試作品が展示され、アンケートを行った。その結果をもとに、2009年度から新しいデザインに変わった。現在のデザインは、長袖のジャージは袖口が絞られておらず、紺色に白いラインとasicsのロゴが入ったものである。襟袖や刺繍の色も学年の色ではなくなり、すべて統一された。なお、1985年頃までは男子は短パンで女子はショーツ型ブルマーだった。長袖のジャージも現在のものとは異なっていた。

名札編集

学年色のプラスチック製プレートに、白く名字のみ彫られている。安全ピンでワイシャツ、あるいは学ランやブレザーの左胸のポケットに取り付ける。以前は中学校名も彫られていたが、現在では無くなっている。英語のネームプレートを略して、校内ではネームと呼ばれることが多い。

靴下編集

以前は色は白のみ可とされたが、洗濯が大変であることなどから改正の要望が多かったため、2005年12月20日の臨時生徒総会で約束が改正され、白・黒・紺を基調としたものが可とされた。

その他編集

  • 頭髪は「清潔で健康的なもの」とされる。
  • 通学靴や通学鞄に指定は無い。
  • 防寒着の着用は登下校時のみ。タイツ・ストッキング類は標準服に適したものなら良い。
  • 部活動時の服装については各部での判断。ただし、部活動時に着用するTシャツは白を基調とするように決められている。

学校制定編集

  • 校章(1958年4月1日制定)
相模原市立大沢中学校HPトップページ左上を参照。
  • 校旗(1958年4月1日制定)
相模原市立大沢中学校HP教育目標・方針右上を参照。
  • 校歌(1961年3月13日制定)
大沢中学校校歌勝承夫・作詞 平井康三郎・作曲。
(現在では宇田川安明編曲の混声4部合唱を元に何者かが編曲した混声3部合唱のものがよく歌われる)
  • 校訓
「環境は人をつくる その環境は人がつくる」
  • 学校教育目標(制定時期不明、2002年4月改定)
「心豊かな人・自律できる人・進んで学ぶ人」
  • めざす生徒像(制定時期不明、2002年4月改定)
・思いやりをもち心豊かな生徒・正しい判断で行動できる生徒・進んで学び創造力を持つ生徒
  • 校木(1987年生徒会制定)
さくら
  • 校鳥(1987年生徒会制定)
つばめ
  • 校花(1987年生徒会制定)
あじさい
  • 生徒会活動スローガン
「沢中向上心 みんなでめざす新たな大沢中!」

交通編集

  • バス - 橋本駅南口より、橋本57系統 望地キャンプ場行き 大沢まちづくりセンター前下車、徒歩1分

関係者編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集