メインメニューを開く

概要編集

相模原市警察部隷下、第四方面に属する神奈川県内有数の大規模警察署である。識別章所属表示はGK。

管轄区域内には在日米陸軍相模総合補給廠があり、国内でサミット等が開催される際は神奈川県下各方面から警備が増員される。また毎年春には市民桜まつり、夏季には上溝夏祭りや花火大会等が開催され、多くの人出があることから署員総出で雑踏警備にあたる。

市町合併以前は旧相模原市北部までの広範囲を管轄していたが、110番指令件数が全国屈指となり、神奈川県下でも最多犯罪発生地域になるなど治安悪化が常態化したことから、業務負担軽減の為、2006年に新たに相模原北警察署が設置され、管轄範囲のおよそ北半分を移管された。しかし依然として犯罪発生率や交通事故発生率は高く、刑法犯罪発生率も神奈川県下では常に上位に位置する、およそ27万人が居住する相模原市中央区の治安を担っている(JR相模原駅周辺は警察本部により歓楽街総合対策重点取締地区に指定されている)。

管内には指定暴力団稲川会系組事務所が存在する。また管轄区域北側は東京都と隣接しており、しばしば警視庁と相互の緊急配備や事件手配が行われ、その訓練も行われている。署員数は300名以上、署長には警視正が任命される。

署内に刑事部機動捜査隊の相模原分駐所や警備部直轄警察隊(管区機動隊)が配備されているほか、他の神奈川県警察施設として管内には神奈川県警察学校由野台分校が存在する。

2012年(平成24年)以降、繁華街等における街頭犯罪抑止対策のため、街頭防犯カメラを運用している、神奈川県下で数少ない警察署の一つである。

所在地編集

管轄区域編集

  • 相模原市中央区
  • 管轄面積:44.41km2

沿革編集

組織編集

  • 署長(警視正)
  • 副署長(警視
  • 地域担当次長(警視)
  • 会計担当次長(警視相当職)
  • 生活安全担当次長(警視)
  • 刑事担当次長(警視)
  • 交通担当次長(警視)
  • 警務課
  • 留置管理課(2016年度(平成28年度)新設)
  • 会計課
  • 生活安全第一課、生活安全第二課
  • 地域第一課、地域第二課、地域第三課(警ら用無線自動車5台、小型警ら車4台)
  • 刑事第一課、刑事第二課
  • 交通第一課、交通第二課
  • 警備課

(13課体制)

※ 相模原警察署は厚木警察署大和警察署とともに神奈川県警察内で最大規模の13課体制の組織である。
※「神奈川県警察の組織に関する規則(昭和44年3月31日、公安委員会規則第2号)」を参考にした。

交番・駐在所編集

  • 相模原駅前交番 相模原市中央区相模原一丁目1番2号
  • 横山交番 相模原市中央区横山四丁目5番10号
  • 星が丘交番 相模原市中央区陽光台二丁目4番3号
  • 淵野辺駅南口交番 相模原市中央区鹿沼台一丁目13番24号
  • 淵野辺駅北口交番 相模原市中央区淵野辺三丁目5番5号
  • 相生交番 相模原市中央区相生二丁目17番8号
  • 上溝交番 相模原市中央区上溝七丁目19番20号
  • 田名交番 相模原市中央区田名4,766番地1
  • 番田交番 相模原市中央区上溝411番地1(2008年(平成20年)4月に駐在所より格上げ)
  • 南橋本駅前交番 相模原市中央区南橋本一丁目16番13号

2010年(平成22年)4月、管轄区域の変更に伴い、それまで当署の所管であった麻溝交番は相模原南警察署の所管となった。

連絡所編集

  • 相模原北警察署との合同警戒区域が存在するため、同署橋本五差路交番に当署の連絡所が設置されている。

街頭緊急通報装置編集

  • JR相模原駅周辺(相模原市中央区相模原一丁目及び二丁目)5基(設置総数は神奈川県下最多)

自動車ナンバー自動読取装置(Nシステム)編集

過去の重大事件・事故編集

関連項目編集

外部リンク編集