メインメニューを開く
国道113号標識

相馬バイパス(相馬バイパス)は、福島県相馬郡新地町から相馬市に至る国道113号バイパス道路である。

概要編集

  • 起点:相馬郡新地町駒ケ嶺字塔場
  • 終点:相馬市光陽3丁目
  • 延長:4.4 km
相馬市中心市街地では幅員狭小で屈曲の続く城下町特有の道路形状により混雑が激しかったため、これらを解消し幹線道路としてのネットワークを築くために1987年度より国道改良事業として着工された[1]

道路施設編集

駒ヶ嶺跨線橋
  • 全長:22.3 m
  • 幅員:16.0 m (25.0 m)
  • 形式:単純PCプレテンT桁橋
  • 竣工:1988年
新地町駒ケ嶺から相馬市磯部に跨がり、JR常磐線を渡る。バイパス整備に伴い建設された。総工費は1億3200万円[2]
地蔵川橋
  • 全長:63.4 m
  • 主径間:30.820 m
  • 幅員:16.0 m (25.0 m)
  • 形式:2径間単純PCポステンT桁橋
  • 竣工:1990年
相馬市長老内から同市塚部に跨り、二級水系地蔵川を渡る。バイパス整備に併せ国道橋梁整備事業として1989年度に着工された。総工費は4億3100万円[3]

接続路線編集

脚注編集

  1. ^ 沿革・あゆみ - 相馬市役所
  2. ^ 福島県の橋梁 平成2年度版 - 福島県土木部
  3. ^ 福島県の橋梁 平成4年度版 - 福島県土木部

関連項目編集