メインメニューを開く

真島 大輔(ましま だいすけ、1983年7月8日 - )は、地方競馬大井競馬場東京都騎手会所属の騎手である。地方競馬教養センター騎手課程第74期生。弟弟子は石川駿介

真島大輔
Daisuke-Mashima20100830.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1983-07-08) 1983年7月8日(36歳)
血液型 B型
騎手情報
所属団体 特別区競馬組合
所属厩舎 中村護・大井(2001.9 - 2012.5)
東京都騎手会(2012.5 -)
勝負服 胴紫・黄山形一本輪、袖黄
初免許年 2001年
免許区分 平地
テンプレートを表示

父は佐賀競馬場のかつての名騎手で今は調教師である真島元徳、叔父は佐賀競馬場の騎手である真島正徳、叔母(正徳の姉)は元競艇選手の川口みゆきである。

来歴編集

2001年9月29日付けで地方競馬騎手免許を取得。同年10月にデビューして騎乗機会も多く与えられたものの、初勝利は同年の年末開催までずれ込んだ。翌2002年には早くも32勝を挙げ、期待の新人として注目を集めたものの、2003年は減量に苦しみわずか7勝にとどまった。これを克服し2005年は40勝・2006年は63勝と勝ち星を伸ばし、トゥインクルレディー賞アウスレーゼに騎乗し重賞初制覇。さらに続くTCKディスタフも制覇して重賞2勝を挙げる。

2007年4月28日、東京競馬場2Rで中央初騎乗(4着)。同日の青葉賞で中央重賞初騎乗(14着)。

2008年には年間120勝を挙げ、デスモゾームマイルグランプリを勝つなど大活躍し、川崎競馬場所属の町田直希山崎誠士らとともに、期待の若手として注目されている。

2012年5月7日より中村譲厩舎から東京都騎手会に所属厩舎が変更になり、大井の初の騎手会所属騎手となる[1]

2017年11月3日に大井競馬場で行われたJBCレディスクラシックララベルで制した。真島自身は交流重賞初勝利をJpnIで果たすと同時に、同競走の地方所属馬による初優勝となった。

経歴編集

  • 2001年10月29日 初騎乗(オルトカナチャンに騎乗し4着)
  • 2001年12月27日 初勝利(モダンナシャイン[2]
  • 2002年10月15日 高知競馬場で行われた全日本新人王争覇戦に騎乗し、2着。
  • 2006年9月14日 トゥインクルレディー賞でアウスレーゼに騎乗し重賞初制覇。
  • 2008年5月22日 川崎競馬場第10競走でトゥルーヴァラーに騎乗し、勝利。300勝達成。
  • 2008年8月24日 佐賀競馬場で行われた里帰りジョッキーズカップに参戦。テンザンエリシオで勝利を挙げる。
  • 2017年11月3日 JBCレディスクラシックララベルで制し、交流重賞初勝利をJpnI競走で挙げるとともに、同競走の地方馬による初優勝を果たす。

主な騎乗馬編集

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ 大井競馬場所属騎手の所属きゅう舎変更について 東京シティ競馬HP 2012年5月2日閲覧
  2. ^ 当時佐賀で圧倒的な強さを誇っていた2歳馬。この時大井に短期移籍していた。