メインメニューを開く

矢口 純(やぐち じゅん、1921年4月18日 - 2005年4月30日)は、エッセイスト。

東京雑司ヶ谷生まれ。本名読み・きよし。早稲田大学政経学部卒。1948年婦人画報社に入社、61年『婦人画報』編集長、68年株式会社サン・アド入社、洋酒の宣伝を仕事とする。日本ペンクラブ理事として会長川端康成高見順の下で仕事をする。

著書編集

  • 『滋味風味 対談』東京書房社 1970
  • 『私の洋酒ノート』大泉書店 1971
  • 『酒を愛する男の酒』新潮社 1977 のち文庫
  • 『酒の肴になる話』新潮社 1985
  • 『ウイスキー讃歌 いまこそ<生命の水>のとき』集英社文庫、1986 
  • 『ワイン・ギャラリー 栄光の美酒への招待』集英社文庫、1986
  • 『東京の雑木林』福武書店 1991

参考編集