メインメニューを開く

矢賀村(やがむら)は、かつて広島県安芸郡に存在したである。明治22年(1889年)の町村制発足により設置され、昭和4年(1929年4月1日広島市編入合併して消滅した。

やがむら
矢賀村
廃止日 1929年4月1日
廃止理由 編入合併
三篠町己斐町草津町古田村牛田村矢賀村仁保村 → 広島市
現在の自治体 広島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安芸郡
団体コード 当時は存在せず
面積 5.521km2.
総人口 934
(1925年)
隣接自治体 広島市中山村温品村府中村
矢賀村役場
所在地 広島県安芸郡矢賀村(現・矢賀二丁目)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

  • 旧村域は現在の矢賀地区(「矢賀」を冠する広島市東区の各町)および東山町にほぼ相当する。
  • 府中大川に合流する温品川下流西岸に位置し、西部は百足山などの丘陵、東部は川沿いの低地、村の南端は古来「奇観」と称された「岩鼻(巖鼻)」(いわはな)であった。
  • 北は安芸郡中山村(現在の東区中山)、東は安芸郡府中村(現府中町)、西と南は広島市尾長村(現在の東区尾長)および大洲町(現在の南区大州)に挟まれる、ごく狭い村域であった。

歴史編集

地名の由来編集

「矢賀」は「矢加」「屋賀」とも書き、鎌倉時代以来の古い地名である。『和名抄』に見える「駅家」(やが)に比定し、古代のの所在地とする説(秋長夜話)もある。

中世編集

室町時代には安芸国守護武田氏の支配下にあり、天文10年(1541年)、大内氏銀山城を攻撃し武田氏を滅ぼした際、大内軍が武田方である白井氏(府中の領主)攻略のため矢賀・中山・尾長3村の境界にある峠を通り、それが「大内越峠」(おおちごとうげ)の由来になったといわれる。この後、矢賀は太田川河口の戸坂牛田とともに大内氏から毛利元就に委ねられ、水軍の拠点として毛利氏重臣の児玉氏・乃美氏に宛われた。

近世編集

近世初期の矢賀村では、村の南端である岩鼻の先に広島湾が広がっていたが、次第に東部・南部の干潟が干拓されて新開地となり、耕地が拡大した。この新開地は矢賀新開、ついで蟹屋新開と称され、非常に紛らわしいがのちに広島城下に属し「矢賀村」と呼ばれるようになった(従来の矢賀村は安芸郡)。さらに元禄年間、矢賀新開の東に大須新開(現在の南区大州)が造成されると、従来大内越峠を通っていた西国街道は、岩鼻の南側を通る(そして尾長村・愛宕町・猿猴橋町を通り猿猴橋へと抜ける)ルートに変更され、岩鼻には城下町の東端を示す大門が設置、矢賀村は陸上交通の要地となった。広島城下「矢賀村」は1882年広島区に属し市制施行により広島市に編入された。現在の南区荒神町地区・蟹屋地区・東駅町などに相当する。

近代編集

明治22年(1889年)の町村制発足により安芸郡矢賀村が設置され、大正4年(1915年)には芸備鉄道(現在のJR芸備線)が開通、昭和4年(1929年矢賀駅が開業した。国道2号(当時 / 現在の広島県道164号広島海田線)近くでは人家が密集、村民の約半数は農業養鶏・蔬菜栽培などの近郊農業が中心)に従事しており、残りは商工業および広島市内などに通勤する給料生活者であった。そして1929年の広島市編入に至る。

沿革編集

  • 1889年4月1日町村制発足により安芸郡矢賀村が設置。
  • 1929年4月1日 : 広島市に編入し消滅。旧村域は同市「矢賀町」となる。

大字編集

近世以来の「矢賀村」がそのまま町村制による矢賀村へと移行したため、大字は編成されなかったが、比較的大きな集落の名として「上組」(現在の矢賀五丁目・新幹線車輛基地付近)・「市浜」(同・三丁目付近)・「中組」(同・二丁目付近)、「下組」(同・一丁目付近)がある。

各種施設・企業(1929年4月時点)編集

行政機関
  • 矢賀村役場 : 現在の矢賀二丁目・矢賀小の西隣付近に所在した。
学校

交通(1929年4月時点)編集

 
現在の矢賀駅 / 広島市への編入合併直前に開業。
鉄道

出身者編集

合併後の状況編集

  • 現況については矢賀地区を参照されたい。
  • 広島市への編入後、旧矢賀村域はそのまま「広島市矢賀町」となった。1940年国鉄広島車輛工場(現在のJR貨物広島車両所)が起工、1942年には府中町と広島市大洲町(現在の南区大州)に挟まれた府中川西岸の低地が矢賀新町として分離した。
  • 1972年の町名変更により、矢賀町は大部分が矢賀(一 - 六丁目 / 芸備線およびJR車両工場の近辺)・東山町(岩鼻を中心とする区域)などに分割され、現在は高天原火葬場を中心とする区域のみが住所表示「矢賀町」となっている。

関連書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集