メインメニューを開く

経歴編集

埼玉県出身[1][2]1923年東京帝国大学工学部建築学科卒[1][2]警視庁に入り、建築課長となり[2]、戦災復興院東京建築出張所長[2]東京都建築局長などを経て[1][2]1953年第3回参議院議員通常選挙において東京地方区から自由党公認で立候補して当選[3]、6年後の1959年第5回参議院議員通常選挙で落選[3]。その3年後の第6回参議院議員通常選挙で再選[3]。6年後の1968年第8回参議院議員通常選挙で落選した[3]。この間に第2次岸内閣科学技術政務次官、参議院法務委員長などを歴任した[1][4]

1969年第32回衆議院議員総選挙において東京8区から自民党公認で立候補して当選した[5]。次の1972年第33回衆議院議員総選挙で落選し[5]、政界を引退した。

この他日本大学東京都立大学早稲田大学各講師、中央工学校名誉校長、日本建築学会、日本建築士連合会などの各会長も務めた[2]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』41頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』 245頁。
  3. ^ a b c d 『朝日選挙大観』581頁。
  4. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』42頁。
  5. ^ a b 『朝日選挙大観』485頁。

参考文献編集