メインメニューを開く

石原 あえか(いしはら あえか、1968年 - )は、日本のドイツ文学者ドイツ語研究者。東京大学准教授。

1992年慶應義塾大学文学部卒業。94年同大学院文学研究科修士課程修了。98年ドイツケルン大学にて博士号取得(哲学・Ph.D.)。99年慶大商学部専任講師、2002年助教授、07年准教授、08年教授。2006年日本独文学会賞、07年日本学士院学術奨励賞、2010年『科学する詩人ゲーテ』でサントリー学芸賞受賞。2012年東京大学総合文化研究科准教授、17年教授(言語情報科学)。

著書編集

単著編集

  • 『科学する詩人ゲーテ』 慶応義塾大学出版会 2010年 
  • 『ドクトルたちの奮闘記』 慶應義塾大学出版会、2012年
  • 『近代測量史への旅 ゲーテ時代の自然景観図から明治日本の三角測量まで』 法政大学出版局、2015年

編著編集

  • 『産む身体を描く――ドイツ・イギリスの近代産科医と解剖図』 慶應義塾大学出版会、2012年

翻訳編集

  • ハンス・ヨアヒム・クロイツァー 『ファウスト神話と音楽』 慶應義塾大学出版会 2007年
  • マンフレート・オステン 『ファウストとホムンクルス ゲーテと近代の悪魔的速度』 慶應義塾大学出版会 2009年 

外部リンク編集