石屋川隧道(いしやがわずいどう)とは、かつて兵庫県神戸市東海道本線住吉駅 - 灘駅間、現在の住吉駅 - 六甲道駅間に存在した鉄道トンネルである。日本で初めて開削された鉄道トンネルということで特筆される。

石屋川トンネル(『写真集 むかしの神戸』より)

トンネル概要編集

新橋 - 横浜間に続き、大阪 - 神戸間に日本で2番目の鉄道建設が計画された。

当初の計画では、浜手側に路線を走らせる予定であったが、灘の酒蔵より汽車の黒煙で酒が腐るというクレームが入ったため、予定を変更して山麓を通る路線に変更することになった[1]

当時の車両は勾配に弱かったことから、天井川であった芦屋川住吉川石屋川はトンネルを開削し、その下を通すことになった。

その中でも、最初に開削されたのがこの石屋川トンネルである。1871年(明治4年)7月に竣工し、1874年(明治7年)の鉄道開通で供用が開始された。

設計はイギリスからのお雇い外国人によってなされ、水流を仮の木橋で変えていったんを取り崩し、レンガを積みトンネルを組み立てた後、再び川を埋めなおすという開削工法がとられた。

東海道本線の全通後、1894年(明治27年)には輸送量の増加にあわせ同線の複線化が決定する。この時はトンネルの下半分を掘り下げ、垂直にする工法が取られた。

さらに1919年(大正8年)には複々線化に対応するための工事が行われる。この時、トンネルは解体されて4線を越える水路橋となった。1976年(昭和51年)10月には高架化のため、石屋川の地盤強度を高める必要から埋め立てられた。

現在石屋川公園には、トンネルがあったことを示す説明板が置かれている[2]

脚注編集

  1. ^ 日本経済新聞 2015年5月2日朝刊
  2. ^ 伊藤博康 『鉄道名所の事典』東京堂出版、2012年12月30日、210-211頁。ISBN 978-4-490-10829-3 

関連項目編集