メインメニューを開く

石川島公園(いしかわじまこうえん)は、東京都中央区2・3丁目にある隅田川隅田川派川朝潮運河沿いの区立公園である。1990年平成2年)4月に開設した[1]。2009年現在の面積は約3ha[1]

中央区立石川島公園
Ishikawajima Park
石川島公園
石川島公園
石川島公園の位置(東京都区部内)
石川島公園
石川島公園の位置(東京都区部および多摩地域内)
石川島公園
石川島公園の位置(日本内)
石川島公園
分類 公立公園
所在地
東京都中央区2丁目1番5号
座標 北緯35度40分5.7秒 東経139度47分13.9秒 / 北緯35.668250度 東経139.787194度 / 35.668250; 139.787194
面積 3.255198ha
開園 1990年平成2年)4月
運営者 中央区
現況 年中開放
設備・遊具
駐車場 なし
アクセス
備考 大川端リバーシティ21の一部
公式サイト スポーツ施設詳細「石川島公園」 ちゅうおうナビ

目次

概要編集

中央大橋から相生橋の先までの細長い公園である。中央大橋の側は佃公園であり、隅田川テラスで繋がっている。大川端リバーシティ21の一部として1986年昭和61年)に都市計画が決定し[1]1988年より工事が始まり2年後に部分的に完成した。“石川島”は佃二丁目の江戸時代からの旧名で、この地を領した石川家(横浜市戸塚区本貫)の名に由来し、この地に設立された造船所を起源とするIHIの旧社名「石川島播磨重工業」と同様の命名である。

隅田川テラスを擁し、隅田川は目の前である。

昼間は子ども連れが多く、夜は物音もせず静寂としている。夜間は暗くは無いが、対岸の越中島公園や、新川公園と比べると夜景・デートスポットにはあまり向いていない。ただ、春には花見スポットともなる。

上段と下段の2段式になっている。下段は、満潮時や大雨後に一部が浸水する。面している隅田川の水質は良くないが、水と触れ合えるように親水テラス(隅田川テラス)もある。なお、上段と下段はスロープで繋がっており、自転車や車椅子などに乗ったままでも移動可能のバリアフリーとなっている。上段の北端にある広場は1999年(平成11年)[2][3]に作られたもので、隅田川と友好河川の提携をしているフランスセーヌ川にちなんでパリ広場と命名されている。下段の北端先からの景色は、まるで客船の先端から眺めているような景色である。

都心に近い割には利用客が少なく、静かに過ごせる公園なので、ジョギングや散歩を楽しむ人が多い。

通年入園自由、無料。ベンチ・トイレ有り。飲料自動販売機・専用駐車場・子供用遊具無し。夜間もやや明るい。釣り可。

写真編集

散歩・ジョギングコース編集

信号が無い・車が少ない・夜でも比較的明るい・景色が良い・通路が整備されているなどという点から、下記は犬の散歩・ウォーキング・ジョギングなどでよく使われる経路である。徒歩では一周40分程度。

アクセス編集

周辺施設編集

脚注編集

  1. ^ a b c 松江正彦・影本信明、「隣接施設・街路等と連携した都市公園の整備・管理ガイドライン 国内事例 No.04」、国土交通省国土技術政策総合研究所資料第542号、2009年8月
  2. ^ 中央区緑の基本計画 第3章」、東京都中央区、1999年3月
  3. ^ 国土交通省荒川下流河川事務所地域連携課 「川で見つけた国際交流」、2012年2月、p.6

関連項目編集

外部リンク編集