石川県立能登高等学校

日本の石川県鳳珠郡能登町にある公立高等学校

石川県立能登高等学校(いしかわけんりつ のとこうとうがっこう、英語表記:Ishikawa Prefectural Noto High School)は、石川県鳳珠郡能登町字宇出津に所在する町内唯一の公立高等学校。石川県内公立校としては珍しく学校寮を持つほか、船舶も保有している。

石川県立能登高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
併合学校 石川県立能都北辰高等学校
石川県立能登青翔高等学校
(2校統合)
設立年月日 2009年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
地域産業科
学科内専門コース 地域産業科
生物資源コース・農業選択
生物資源コース・水産選択
ビジネスコース
高校コード 17160D
所在地 927-0433
石川県鳳珠郡能登町字宇出津マ106番7号

北緯37度17分56.4秒 東経137度9分2.2秒 / 北緯37.299000度 東経137.150611度 / 37.299000; 137.150611座標: 北緯37度17分56.4秒 東経137度9分2.2秒 / 北緯37.299000度 東経137.150611度 / 37.299000; 137.150611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
石川県立能登高等学校の位置(石川県内)
石川県立能登高等学校
石川県立能登高等学校 (石川県)

設置学科編集

  • 普通科(2年次から文系と理系の2コースに分かれる)
  • 地域創造科(2019年度より地域産業科に学科改編)
    • ファイル:石川県立能登高等学校.png
      石川県立能登高等学校は富山湾に面して建つ。天気の良い日には富山湾越しに北アルプス連峰を眺めながらの授業となる。
      地域資源コース
    • 商業コース
  • 地域産業科(2019年度に地域創造科から学科改編)
    • 生物資源コース(農業選択・水産選択)
    • ビジネスコース

地域産業科は、これまでの学科の枠を超えた新たな専門学科である。農業・水産の1次産業と食品加工の2次産業、商業や対人サービスの3次産業を横断的に学び、地域産業を担う人材を育てる。

沿革編集

<前身① 石川県立能都北辰高等学校>

  • 1898年 ‐ 石川県水産講習所設立
  • 1940年 - 石川県立宇出津水産学校開校
  • 1948年 - 学制改革により宇出津町立高等女学校を併合し、石川県立宇出津高等学校となる
  • 1956年 - 石川県立宇出津水産高等学校と改称
  • 1957年 - 大型実習船「加納丸」建造
  • 1966年 - 普通科が分離して石川県立宇出津高等学校となる
  • 1967年 - 石川県立水産高等学校と改称し、小木分校を新設
  • 1969年 - 専攻科(機関・無線通信)新設
  • 2000年 - 石川県立学校条例により、石川県立水産高等学校と石川県立宇出津高等学校を統合し、石川県立能都北辰高等学校となる
  • 2009年 - 小木分校閉校
  • 2011年 - 3月末(2010年度末)に閉校

<前身② 石川県立能登青翔高等学校>

  • 1937年 - 石川県柳田農学校開校
  • 1940年 - 石川県立柳田農学校となる
  • 1948年 - 学制改革により石川県立柳田高等学校と称す
  • 1956年 - 石川県立柳田農業高等学校と改称
  • 2002年 - 石川県立町野高等学校と統合して石川県立能登青翔高等学校開校
  • 2011年 - 3月末(2010年度末)に閉校

<石川県立能登高等学校>

  • 2009年 - 石川県立能都北辰高等学校と石川県立能登青翔高等学校を統合し、開校

校訓・教育目標・方針編集

校訓編集

  • 自主(independent:明朗で人間愛にあふれた自主性のある人間)
  • 協調(cooperative :理想に向かってたゆまなく努力し協調性に富む人間)
  • 創造(creative :広い視野に立った個性に富む創造性豊かな人間)

教育目標編集

  • 個性と能力を伸長し、積極的に自己の啓発に努める心身ともに健全な人間を育成する

教育方針編集

  • 旺盛な好奇心と豊かな心を備えた、誠実で責任感のある人材を育成する
  • 自ら学び行動する意欲を養い、個性・能力・適性に応じた進路の確立に努める
  • ふるさとに誇りを持ち、地域社会の創造・発展に寄与する人材を育成する

取得できる資格編集

実用英語技能検定

日本漢字能力検定

実用数学技能定

危険物取扱者

・ビジネス文書実務検定

日本農業技術検定

・小型車両建設機械、フォークリフト

日商簿記検定

全商簿記検定

簿記実務検定

・電卓技能検定

情報処理検定

・商業経済検定

小型船舶操縦士

ボイラー技士

学校行事編集

4月 入学式、対面式、部活動紹介、ヤマメの放流

5月 猿鬼歩こう走ろう健康大会、クリーンビーチ活動

6月 地域貢献プロジェクト、文化教室、インターンシップ、修学旅行

7月 球技大会、前期夏季補習、体験入学会、保護者懇談会

8月 学習合宿、後期夏季補習

9月 能登高祭、外部指導面接

10月 進路ガイダンス

11月 学校公開、能登高カレーの日

12月 保護者懇談会、冬期補習

1月 生徒研究発表会

2月 

3月 卒業式、球技大会、学習合宿

生徒会活動・部活動編集

運動部編集

男女ソフトテニス部は前身の宇出津高校時代から全国大会の常連校である。 アーチェリー部は県内でも2校しかない珍しい部活であり、全国大会に出場しやすい部となっている。 近年では陸上部やウエイトリフティング部などでも全国大会への出場が増えている。

・男子ソフトテニス部

・女子ソフトテニス部

・アーチェリー部

・男子バスケットボール部

・女子バスケットボール部

・野球部

・卓球部

・陸上競技部

・柔道部

・バドミントン部

・女子バレーボール部

・ウエイトリフティング部

文化部編集

書道部は6畳間ほどの大きさの紙に音楽に合わせて文字や絵を描く書道パフォーマンスを行っており、町内や近隣のイベント出演が多く人気を博している。 地域創造クラブや農業クラブでは全国大会への出場が多い。

・書道部

・吹奏楽部

・華道部

・茶道部

・美術部

・家庭部

・JRC部

・地域創造クラブ

・農業クラブ

その他編集

  • 柳田校舎(鳳珠郡能登町字柳田イ部3番地)には学生寮「鳳柳寮(ほうりゅうりょう)」があり、寮名の由来は、鳳凰のように、雄々しく、気高く、大空に舞い、そして、柳の樹の如く風雪に耐え、大地にしっかりと根を張り、大空に向かって若々しく生き生きと成長して欲しいという願いが込められている。
  • 県立高校である能登高校と能登町が協働して存続・発展に取り組む「能登高校魅力化プロジェクト」を2016年(平成28年)に立ち上げた。プロジェクトではこれまで、公営塾「まちなか鳳雛塾」「鳳雛塾」の設置・運営や、地域連携型授業支援(「総合的な探究の時間」「地域創造学」など)を行なっている。
  • 能登高校を応援する会(2009年)を開校当初より立ち上げ、制服購入補助・通学定期補助・部活動支援といった保護者の負担を軽減する補助事業を行っている。

所在地編集

〒927-0433 石川県鳳珠郡能登町字宇出津マ字106番地の7

交通編集

著名な関係者編集

関連項目編集

外部リンク編集