石川県道6号宇出津町野線

日本の石川県の道路

石川県道6号宇出津町野線(いしかわけんどう6ごう うしつまちのせん)は、石川県鳳珠郡能登町輪島市を結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svg
石川県道6号標識
石川県道6号 宇出津町野線
主要地方道 宇出津町野線
路線延長 21.813 km
制定年 1961年昭和36年)
起点 石川県鳳珠郡能登町地図
終点 曽々木交差点
(石川県輪島市)【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
石川県道35号能都内浦線
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道57号標識
石川県道57号内浦柳田線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道26号標識
石川県道26号珠洲穴水線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道40号標識
石川県道40号珠洲里線
Japanese National Route Sign 0249.svg 国道249号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

能登半島の北東部、富山湾に面した天然の良港・宇出津漁港から山地を越え、旧柳田村の中心部を経て、外浦の曽々木海岸までを南北に結ぶルートである。

宇出津(うしつ) - 上町(かんまち) : 宇出津の起点から珠洲道路の上町交差点までは立ヶ谷内峠(たてがやちとうげ、北鉄奥能登バス・長坂バス停付近)を頂点とする山岳道路であるが、能登町の海岸部分から珠洲道路方面に行く数ある道の中では最も走りやすい道であり、カーブも他の道(石川県道275号与呂見藤波線石川県道288号鈴ヶ嶺矢波線など)に比べて緩く、道幅も比較的あるので、制限速度(大半が50km/h)を守る限り大きな問題はない。ただし冬期の積雪・凍結時にはもっと速度を抑える必要がある(除雪は行われる)。宇出津から立ヶ谷内峠へ上る道の途中、一部登坂車線がある。

上町 - 小間生(おもう) : 両側2車線(片側1車線)の区間であるものの、旧柳田村の市街地を通過するため狭小部が残る。なお狭小部として町野川に架かる小間生橋もあったが、バイパスの完成により解消した。

小間生 - 曽々木 : 町野川沿いの穏やかで快適なドライブコースである。カーブも緩やかでアップダウンも少なく走りやすい。いくつかのバイパスが作られ近年どんどん線形が良くなっている。2006年平成18年)には町野町地内の狭小部を迂回する町野バイパスが完成したが、その町野バイパスの南側(町野町粟蔵)は依然としてすれ違いが困難な狭小箇所が残っている。町野トンネルより北側は、壇ノ浦に敗れた平家一門の平大納言時忠卿が流刑地として晩年を暮らした地でもあり、上時国、下時国の両家がその末裔として往事を忍ばせていて、奥能登の観光拠点のひとつとなっている。

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 主要地方道宇出津町野線 小間生バイパスの開通について (PDF) 」、石川県、2017年10月6日、2018年5月27日閲覧。

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目編集