メインメニューを開く

磯田 憲一(いそだ けんいち、1924年6月10日 - 2002年12月17日)は、広島県出身で、広島カープに在籍したプロ野球選手である。現役時代のポジションは、主に二塁手

磯田 憲一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1924年6月10日
没年月日 (2002-12-17) 2002年12月17日(78歳没)
身長
体重
160 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

広島商業学校では、「幻の甲子園」と呼ばれる1942年の全国中等学校野球大会に主将として出場した[1]。広島商業から明治大学へ進学し、コロムビアを経て、1950年に誕生した地元のプロ野球チーム・広島カープへ入団[2]。球団結成披露式では、石本秀一監督から「地元が生んだ天才内野手」と紹介された[2]。しかし、身長160cmと小柄な体だったため守備力はあったもののバッティングの力には欠けていた為、石本監督からバントの練習を常々指示され、その後広島のバントの名手として活躍する[2]。守備でも一塁とバッテリー以外のポジションを全て守ったユーティリティー・プレイヤーだった[2]1955年10月20日中日ドラゴンズ戦では長谷川良平の30勝目がかかっていた試合で延長14回裏に代打で出場し、見事センター前にサヨナラヒットを打ち、長谷川に30勝目をプレゼントした[2]。この勝利で長谷川は大友工と並んで最多勝を獲得。長谷川は「彼なしでは僕の30勝はなかった」と感謝していた[2]1957年引退したが、7年間で63の犠打を成功させ、スクイズバントを一度失敗したが、それ以外のバントを外したことは一度もなかった[2]

引退後はカープ球団の職員を経て、電電中国野球部の監督を務めた[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1950 広島 9 16 13 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 -- 3 -- 0 3 0 .231 .375 .231 .606
1951 96 364 294 40 64 10 2 2 84 21 15 8 21 -- 49 -- 0 21 6 .218 .329 .286 .615
1952 103 288 244 18 50 6 1 0 58 15 1 5 16 -- 26 -- 2 13 9 .205 .287 .238 .524
1953 70 122 106 24 32 6 1 0 40 7 8 5 6 -- 10 -- 0 7 2 .302 .362 .377 .739
1954 107 328 284 28 61 3 1 0 66 10 7 11 10 0 31 -- 3 28 8 .215 .299 .232 .531
1955 81 214 185 18 36 3 2 0 43 15 2 1 4 1 23 0 0 18 3 .195 .284 .232 .516
1956 36 96 84 6 22 4 0 0 26 8 1 2 6 1 4 0 1 2 5 .262 .303 .310 .613
通算:7年 502 1428 1210 134 268 32 7 2 320 76 34 32 63 2 146 0 6 92 33 .221 .308 .264 .573

背番号編集

  • 6 (1950年)
  • 24 (1951年 - 1957年)

脚注編集

  1. ^ 早坂隆 『昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち』 文藝春秋(文春文庫)、2012年、157頁。
  2. ^ a b c d e f g h カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P42

関連項目編集