メインメニューを開く

神前駅 (和歌山県)

日本の和歌山県和歌山市にある和歌山電鐵の駅

神前駅(こうざきえき)は、和歌山県和歌山市神前にある和歌山電鐵貴志川線駅番号04

神前駅
WER-Kozaki-pf.jpg
こうざき
KOZAKI
03 日前宮 (1.5km)
(0.8km) 竈山 05
所在地 和歌山県和歌山市神前
駅番号 04
所属事業者 和歌山電鐵
所属路線 貴志川線
キロ程 2.9km(和歌山起点)
電報略号 コサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
628人/日
-2017年-
開業年月日 1916年(大正5年)2月15日
テンプレートを表示
旧駅名標

和歌山市郊外にある小さな停留所である。

目次

歴史編集

  • 1916年(大正5年)2月15日 - 山東軽便鉄道の大橋駅 - 山東駅(現在の伊太祈曽駅)間の開通に際し開業。
  • 1929年(昭和4年)11月 - 社名変更により山東鉄道の駅となる。
  • 1931年(昭和6年)4月28日 - 社名変更により和歌山鉄道の駅となる。
  • 1957年(昭和32年)11月1日 - 和歌山電気軌道との合併により同社鉄道線の駅となる。
  • 1961年(昭和36年)11月1日 - 南海電気鉄道との合併により同社貴志川線の駅となる。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 和歌山電鐵への継承により同社貴志川線の駅となる。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を持つ地上駅。駅舎を持たず、駅の設備としてはホームと上屋を有するのみ。ホームと外とはホームの端の階段で連絡している。

無人駅で、自動券売機自動改札機などは設置されておらず、スルッとKANSAI対応のカードも使用できない。

貴志川線の各駅は南海時代、様々な時期に駅名標が交換されたため、駅名標の様式が数種類ある(南海の最新版を入れた駅も存在する)。この内、毛筆体の駅名標が残るのは当駅のみとなっていたが、和歌山電鐵転換後に新しいものとなっている。

駅周辺編集

この駅は和歌山市郊外の田園地帯にあるが、まだこの駅の周辺は開けており、民家なども多い。特にこの駅の北東には和歌山市営の岡崎団地がある。

この駅の東側にある標高102.2mの福飯ヶ峯の南側を貴志川線は迂回し、この駅から交通センター前駅まで弧を描くように進む。貴志駅方面列車なら左側、和歌山方面列車なら右側の車窓に福飯ヶ峯は見える。なおこの駅からまっすぐ西へ2Kmほど進むと紀勢本線(きのくに線)の宮前駅がある。

バス編集

駅東側約100mのところを貴志川線と並行している、和歌山県道136号秋月海南線上に神前バス停があったが、下記系統は平成24年9月30日で廃止された。

和歌山バス
  • 95系統(亀川線):JR和歌山駅 - 向陽高校前 - 津秦 - 神前 - 竈山 - 冬野口 - 亀川 - 岡田 - 海南駅前 - 海南藤白浜

隣の駅編集

和歌山電鐵
貴志川線
日前宮駅 (03) - 神前駅 (04) - 竈山駅 (05)
  • ()内は駅番号を示す。

その他編集

トミーテックキャラクターコンテンツ鉄道むすめに「神前みーこ」というキャラクターが存在する。このキャラクター名の「神前」部分は、当駅から採用された[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集