神奈川県立厚木商業高等学校

神奈川県厚木市にある高等学校

神奈川県立厚木商業高等学校(かながわけんりつあつぎしょうぎょうこうとうがっこう)は、神奈川県厚木市王子に所在する公立商業高等学校検定資格取得に力を入れている。通称は厚商(あつしょう)。

神奈川県立厚木商業高等学校
AtsugiShogyo highschool.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
学区 全県一学区
設立年月日 1972年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 総合ビジネス科
学期 3学期制
高校コード 14179J
所在地 243-0817
神奈川県厚木市王子3-1-1

北緯35度27分27.9秒 東経139度20分30.8秒 / 北緯35.457750度 東経139.341889度 / 35.457750; 139.341889座標: 北緯35度27分27.9秒 東経139度20分30.8秒 / 北緯35.457750度 東経139.341889度 / 35.457750; 139.341889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
神奈川県立厚木商業高等学校の位置(神奈川県内)
神奈川県立厚木商業高等学校

設置学科・カリキュラム編集

総合ビジネス科」単科である。平成25年度入学生より単科募集に切り替えられている。

「総合ビジネス科」入学生は2年次より、以下の「系」に分かれる。

  1. 会計系
  2. 情報系
  3. 商業総合系

2年次の「系」での学びののち、3年次より以下の「コース」に分かれる。

  1. 会計専門コース
  2. 情報専門コース
  3. 国際ビジネスコース
  4. 情報ビジネスコース
  5. 流通ビジネスコース

概要編集

  • 平成24年度入学生までは商業科・情報処理科・国際経済科の3科で募集をしていたが、「総合ビジネス科」設置により各科は平成26年度卒業生の卒業を以て閉科される予定である。

沿革編集

  • 1972年、県央地域唯一の商業高校として開校。

授業編集

2008年度の入学生よりカリキュラムが改訂された。これに伴い、3年次では従来選択科目だった数学Aが必修科目(2単位)となるなど変更が生じている。

制服編集

2005年度より、ジャージのデザインが男女とも変更になっている。
2007年度より、制服が男女とも変更になっている。

部活動及び同好会編集

ソフトボール部女子は全国屈指の強さで、山田恵里などオリンピック日本代表として出場した卒業生もいる。獲得した全国タイトルは、全国高校最多の計21回(インターハイ7回、選抜8回、国体6回)である。

2008年度現在、以下の部活動または同好会が存在する。(いずれもアルファベット・50音順)

主な行事編集

商楓展編集

本校の文化祭で、原則として毎年10月の最終週金曜日・土曜日に開催される。土曜日には一般公開として校内が開放される。
この時に調理部が調理・販売を行う「厚商クッキー」は毎年好評を博しており、恒例の名物となっている。

交通編集

かつては神奈川中央交通による学生輸送バス(厚28系統)が厚木バスセンターから運行されていたが、厚木東高校の学生輸送バス(厚27系統)とともに2003年4月1日を以って廃止されている。
ちなみにこのバスが運行されていた当時は、厚木東高校の敷地内にバスの折返場があった。
学生輸送バスの廃止に伴い、学校付近を通過する既存路線である厚95系統が増便され、通学時の利便性が図られている。

著名な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集