メインメニューを開く

神戸国際大学(こうべこくさいだいがく、英語: Kobe International University)は、兵庫県神戸市東灘区向洋町中9-1-6に本部を置く日本私立大学である。1968年に設置された。大学の略称は神国大、K.I.U.。 日本聖公会系のキリスト教主義学校(ミッション・スクール)である。

神戸国際大学
神戸国際大学 (兵庫県) 兵庫県の地図を表示 神戸国際大学 (日本) 日本の地図を表示


神戸国際大学の位置(兵庫県内)
神戸国際大学
神戸国際大学 (兵庫県)
神戸国際大学の位置(日本内)
神戸国際大学
神戸国際大学 (日本)
大学設置 1968年
創立 1963年
学校種別 私立
設置者 学校法人八代学院
本部所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町中9-1-6
北緯34度40分51.45秒 東経135度16分10.69秒 / 北緯34.6809583度 東経135.2696361度 / 34.6809583; 135.2696361座標: 北緯34度40分51.45秒 東経135度16分10.69秒 / 北緯34.6809583度 東経135.2696361度 / 34.6809583; 135.2696361
学部 経済学部、リハビリテーション学部
ウェブサイト 神戸国際大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

1968年、神戸市垂水区に八代斌助師父が学校法人八代学院創立、現在の神戸国際大学付属高校(八代学院高等学校)を開校、八代斌助師父の遺志を継ぎ、設立された。2018年で50周年を迎えた。

聖公会キリスト教の精神に基づき、全人格的人間形成をめざし、経済学とリハビリテーション学の理論並びに実践について研究教授することを目的とする。西日本で観光学に特化した学科を最初創設。早い時期から国際交流に力を入れ、現在では【Global Campus】をスローガンに力を入れ、海外の大学30校以上の協定を結んでいる。また、語学力問わずの初心者向けや海外インターンシップなど幅広いニーズに対応できるプログラムを用意している。

建学の精神編集

神戸国際大学の創始者である八代斌助師父の言葉「神を畏れ、人を恐れず、人に仕えよ」

  • 「神を畏れ」 神を恐怖すべきものとしてではなく、畏れ尊ぶべきものであることを示しており、真理真実に対する謙虚さ
  • 「人を恐れず」 人間は神によって平等につくられた存在であるから、誰をも恐れることなく誰にもへつらうことなく、平等に交際することが大切であるという意味
  • 「人に仕えよ」 打算的利己主義からでなく、相手のためにという“愛”を動機として行うものでなければならないという意味

スローガン編集

「Toward a Global Campus」

神戸にあるキャンパスだけでなく、世界中に広がる協定大学のキャンパスで異文化に触れながら学ぶことを推奨。

創設者編集

八代斌助師父は、キリスト者として17歳の若さで伝道、聖職者の道へと入り、以後世界を舞台にその生涯を宗教活動に捧げた。1948年、戦後の日本人として初めて海外渡航の許可を受け、国際会議に出席。当時のイギリス国王ジョージ6世に昭和天皇のメッセージを手渡すなど、日本と世界との外交関係が絶たれていた中で民間大使として貢献した人物。

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1][2]

1963年

  • 1月 兵庫県神戸市垂水区に学校法人八代学院創立
  • 4月 八代斌助により八代学院高等学校開校

1968年4月 八代学院大学開学(経済学部経済学科)

1969年 鳥取県に八代学院大山野外活動センター設置

1992年 八代学院大学から神戸国際大学に、八代学院高等学校を神戸国際大学附属高等学校に改称

1995年 神戸国際大学経済学部に都市文化経済学科を設置

2002年 キャンパスを垂水区から東灘区(六甲アイランド)へ移転

2008年 神戸国際大学経済学部の経済学科を経済経営学科に、都市文化経済学科を都市環境・観光学科に改称

2009年 神戸国際大学経済学部に国際別科を設置。リハビリテーション学部理学療法学科を設置

神戸国際学園の経営母体である学校法人八代学院は、日本聖公会神戸教区に属する

基礎データ編集

所在地編集

兵庫県神戸市東灘区向洋町中9丁目1番6号

JR住吉駅もしくは阪神電車魚崎駅から、六甲ライナーを利用し、六甲アイランド内のマリンパーク駅から徒歩3分の位置で、マリンパークに接している。 尚、キャンパスは上空から見ると日本列島の形に構成されている。

六甲アイランド移転を契機として、都市問題を扱う研究、教育に力を入れており、教員も都市問題関係の人材を集めている。

また、キリスト教系でもあり、英語教育に力を入れ、ネイティブスピーカー教員の登用や、海外研修にも力を入れている。

シンボルマーク編集

シンボルマークは、国際都市・神戸からイメージされるコンパスと錨をモチーフとして中央に十字架をデザインしています。また、コンパスの形は学業のペンや鉛筆の形も暗示させています。全体の形は安定のある正三角形を基本とし、上昇する形・未来への志向を感じさせるデザインとなっています。また2色のブルーカラーは“海(知性)”と“空(若さ)”の青さを表現しています。

50周年ロゴマーク編集

ロゴマークは、世界をイメージさせる地球をモチーフに、左下から流れている波はこれまで国際教育を掲げ教育界の海原を進んできた50年を、右上へ吹き抜けていく海風は広い世界へつながっていくこれからの50年を表しています。

学部・学科編集

経済学部編集

特別クラス編集

選抜クラスで事前に選抜試験が必要。

  • 英語特別クラス(両学科から選択可能)
  • 経済特別クラス(経済経営学科のみ)
  • 観光特別クラス(国際文化ビジネス・観光学科のみ)

経済経営学科編集

  • マーケティングコース
  • 国際経済・貿易コース
  • 経営コース
  • 金融コース
  • 会社経営コース
  • ITビジネスコース
  • 現代日本経済コース

国際文化ビジネス・観光学科編集

  • ホテル・ブライダル・セレモニーコース
  • 国際コミュニケーション・エアラインコース
  • 観光プロデュースコース
  • ファッション・ビジネスコース
  • 生活デザインコース

リハビリテーション学部編集

  • 理学療法学科

上記の組織のほかに、経済学部に国際別科を有する。

研究所編集

  • 経済文化研究所

学内に設けられた研究機関。神戸国際大学経済文化研究所叢書を発行。

  • 国際交流・生涯教育センター

学生に対する国際交流、旭川大学金沢星稜大学との単位互換制度や、学外への生涯教育制度のサポートを行っている

学生生活編集

独立団体編集

学生会

部活動編集

サッカー部

バレーボール部

硬式野球部

ハンドボール部

陸上競技部

バスケットボール部

フットサル部

ダンス部

DPLS(ディブルス)

日本文化部

写真部

硬式テニス部

軽音楽部

漫画研究部

サークル編集

KIU RB(バスケットボール)

ばすけんとん(バスケットボール・バトミントン)

KIU MC(モーターサイクルクラブ)

テコンドーサークル

KIU留学コミュニケーションサークル

ボランティアサークル

対外連携編集

他大学との協定編集

交換留学生制度校編集

トリニティ大学(フィリピン)、クイーンズランド工科大学(オーストラリア)、セント・マーティンズ大学(アメリカ)、蘇州大学(中国)、グリフィス大学(アイルランド)、オスロ・メトロポリタン大学(ノルウェー)、イースタン・アジア大学(タイ)、ホーチミン市外国語情報技術大学(ベトナム)、ホーチミンテクノロジー大学(ベトナム)、明新技術大学(台湾)

海外提携大学編集

アメリカ

カナダ

  • ナイアガラカレッジ

アイルランド

  • グリフィス大学
  • リムリック大学

イギリス

フランス

  • イセン工科大学

ノルウェー

オーストラリア

ニュージーランド

  • リンカーン大学

中国

韓国

  • 檀国大学

フィリピン

ベトナム

  • サイゴン芸術文化観光短期大学
  • タンロン大学

タイ

台湾

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

大学関係者一覧編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 5分で読めるKIU”. 神戸国際大学. 2019年5月25日閲覧。
  2. ^ 50年のあゆみ”. 神戸国際大学. 2019年5月25日閲覧。

関連項目編集

公式サイト編集


この記事はプロジェクト:大学/大学テンプレート (日本国内)にしたがって作成されています。