メインメニューを開く

神田鎮雄

日本の将棋棋士

神田 鎮雄(かんだ しずお、1930年3月13日 - 1997年8月30日)は、将棋棋士。贈七段。灘蓮照九段門下。兵庫県西宮市出身。棋士番号53。将棋棋士の神田辰之助の次男。

 神田鎮雄 七段
名前 神田鎮雄
生年月日 (1930-03-13) 1930年3月13日
没年月日 (1997-08-30) 1997年8月30日(67歳没)
プロ入り年月日 1950年
棋士番号 53
出身地 兵庫県西宮市
師匠 灘蓮照九段
段位 七段
戦績
2017年8月23日現在
テンプレートを表示

人物編集

1949年、三段で順位戦C級2組に参加。翌年、順位戦C級1組昇級により飛び級で六段に昇段。

1951年のC級1組順位戦において、藤川義夫五段との405手の長手数の対局を行なっている(結果は藤川五段の勝ち)。戦後のプロの公式戦対局では、本局が最長手数とされていた[1][2]

1972年引退。1974年に贈七段。

師匠の灘は父・辰之助の弟子なので、師弟関係で見ると鎮雄は辰之助の孫弟子にあたる。

昇段履歴編集

  • 1946年 入門
  • 1950年 六段(順位戦C級1組昇級、三段からの飛び級)
  • 1974年11月 七段(表彰感謝の日表彰)

主な戦績編集

脚注編集

  1. ^ 2018年2月27日から翌28日にかけて行われた、第31期竜王戦6組ランキング戦において、中尾敏之牧野光則の対局が420手に及び、持将棋となった。
  2. ^ 将棋で史上最長の420手!中尾五段対牧野五段戦が19時間の死闘(スポーツ報知 2018年3月1日)

関連項目編集

外部リンク編集