メインメニューを開く

福岡県道53号久留米筑紫野線

日本の福岡県の道路

福岡県道53号久留米筑紫野線(ふくおかけんどう53ごう くるめちくしのせん)は、福岡県久留米市から筑紫野市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
福岡県道53号標識
福岡県道53号 久留米筑紫野線
主要地方道 久留米筑紫野線
起点 久留米市御井旗崎【地図
主な
経由都市
三井郡大刀洗町
小郡市
朝倉郡筑前町
終点 筑紫野市永岡小鳥待【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0322.svg 国道322号
Japanese National Route Sign 0210.svg 国道210号
Japanese National Route Sign 0500.svg 国道500号
大分自動車道
Japanese National Route Sign 0200.svg 国道200号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

久留米市と筑紫野市を直線的に結んでいるため、国道3号の混雑回避にも応用できる。

国道322号久留米インターチェンジ側から本道へ左折する場合は、左折後すぐに信号機があるため、赤信号無視による事故や追突事故を起こしやすい状況にあり、十分注意を要する必要があった(注意を促す看板も設置されていた)が、福岡県道86号久留米筑後線のバイパスが開通した際にこの信号機は廃止され、現在は撤去されている。久留米市山川と同北野町の間の筑後川に架かる神代橋(くましろばし)は2018年3月4日に新橋に架け替えられ供用開始された[1]。架け替え前の神代橋は1940年に架けられた橋で、狭隘な上、大型車両の通行も多く、老朽化や欄干との接触による損傷が問題となっていた[2]

久留米市の起点と大刀洗町以北の間を行き来する場合、当道路とは起点が同一で久留米市・大刀洗町の境界近くにある彼坪交差点でも接続する国道322号のほうが通行しやすい。久留米市北野町から筑紫野市の終点まではバイパス道路が開通して本道となっているため、そちらを利用する方が便利である。

路線データ編集

歴史編集

旧道編集

過去には大刀洗町下高橋から、松崎宿など旧街道のルートを通っていた旧道が分岐していた。小郡市干潟で県道132号と短区間重複する。終点は県道77号交点。その先の旧街道は大宰府政庁まで通じていた。交差していた箇所は以下の通り。

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

筑後平野を横断するため周辺は田園風景が広がる。

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
久留米市北野町

沿線にある施設など編集

脚注編集

関連項目編集