福島県立保原高等学校(ふくしまけんりつほばらこうとうがっこう)は、福島県伊達市に所在する県立の高等学校である。

福島県立保原高等学校
Fukushima Prefectural Hobara High School 1.jpg
過去の名称 福島県立保原中学校
保原町立保原高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福島県
校訓 質実剛健・和衷協同
設立年月日 1922年4月15日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制による教育
設置学科 普通科
商業科(全日制のみ)
学期 3学期制
高校コード 07110C
所在地 960-0604
福島県伊達市保原町字元木23

北緯37度49分23.5秒 東経140度33分32.0秒 / 北緯37.823194度 東経140.558889度 / 37.823194; 140.558889座標: 北緯37度49分23.5秒 東経140度33分32.0秒 / 北緯37.823194度 東経140.558889度 / 37.823194; 140.558889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
福島県立保原高等学校の位置(福島県内)
福島県立保原高等学校

概要編集

旧制保原中学校を前身とする福島県の高等学校。通称は「保高(ほこう)」または「保原高(ほばらこう)」。

設置学科編集

  • 定時制課程
    • 普通科

沿革編集

校訓編集

  • 質実剛健・和衷協同

進路概況編集

中学浪人解消のために設立された福島東高開校以前は、文武両道の注目高校であった。県北では福島高校の次にランク付けされる偏差値で、野球部は甲子園出場を始め、県代表やシード校は当然だった。男子バレーボールは全国ベスト8。出身中学は隣接の福島市から半分以上が来ていた。進学では、以前は東京大学東北大学早稲田大学慶應義塾大学などにも人材を輩出していた。旧伊達郡管内の首長・県会議員は、保原高校出身者で占められていた。

部活動編集

交通編集

著名な出身者編集

関連項目編集

外部リンク編集